第5期 自然農と手づくり循環生活実践コース 自然農と手づくり循環生活 自然農と手づくり循環生活 レポート

みんなで田植え!&わが家のシステムデザイン 【手づくり循環生活 6月レポート①】

投稿日:2016年6月18日 更新日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。
6月は、毎年恒例の田植え!

年間講座「自然農と手づくり循環生活 実践コース」のメンバーと
一般参加のみなさんが一緒に田植えをしました。

総勢約40名。みなさんのおかげで、1日でほぼ完了。
秋の収穫が楽しみです。

レポートは、じゅんが担当してくれました。ありがとう!

では、どうぞお楽しみ下さい〜

田植え
【参加者】5期生・卒業生・一般参加者の方々 約40名

10:15 田んぼへ集合
10:30 オリエンテーションとチーム分け

自己紹介と名前を呼ぶゲームをする。
1~6月生まれチーム(小さい田んぼ担当)と7~12月生まれチーム(大きい田んぼ担当)の2チームに分ける。

10:45 田植えの説明&田植えスタート

【苗の種類】こがねもち、古代米(もち米)、うるち米(農林48号、イセヒカリ)
【苗の植え方】
①苗の束から一本取る。(苗が小さい場合は、長い苗と2本セットで)
②親指と人差し指で根の近くの茎をつまみ、中指を根と茎の境目に添える。
③黄色のロープに付いた赤い玉の向こう側に植え、指の穴の跡が残らないよう泥を寄せる。
④後ろへ一歩下がり、足跡が残らないよう泥をならす⑤横1列植え終わると、黄色いロープを鎌一本分の間隔あけ固定する。
①~④を繰り返す。

 

田植えひもをはる人、苗代から苗を取る人、苗を運ぶ人
始めはとまどいながらも、役割分担をしながらチームワークよく田植えが進みます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12:00 昼食(お弁当持参)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前中の田植えが終わり、みんなでお昼ごはん。

[休憩のおやつ]
お握り、パウンドケーキ、クッキー、小梅、梅ジュース、マヤナッツコーヒー、麦茶など

13:00 田植え続き

苗取り、ロープ張り、植えるの作業を午前の作業と交代して田植え続行。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなで一列に並び、苗を一本ずつ植えていきます。

 

当日使った苗は、田んぼに畝を作って育てた「陸苗代(おかなわしろ)」の苗。
苗とり係もみんなで手分け。
苗代から苗をはがして使います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなで集合写真。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子供たちも、田植えに参戦。上手に植えました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

終了後は、水路で足と手をきれいに洗って、作業完了!

16:00 作業終了&片付け

最後に一言ずつ感想をもらって、田植えを終了しました〜
16:45 年間講座のメンバーは、温泉へ(芭蕉 月待ちの湯)

19:00 夕食
ビビンパ(もやし・人参・ほうれん草・茎わかめのナムル、そぼろ) 生姜の漬物

20:15 宿題発表
【わが家のシステムデザイン】

今月の宿題は、自分の家の有機物、水、エネルギーの循環&流れがどうなっているかをまとめる<わが家のシステムデザイン>
2チームに分かれてそれぞれでシェアしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段、あまり気にすることのない<わが家のシステムデザイン>
意外と循環していないものが多いことに愕然とした人(笑)、できることがいろいろあることに気づいた人。
そして、できていることに気がついた人など、それぞれでした。
改めて考える中で、すぐにできそうなこと、やってみたいことなど、みなさんいろいろ見つかったようです。

難しく考えすぎずに、すぐにできそうなことから着手するだけでも、結構いろいろできそうかも。
[わが家のシステムデザインみんなの感想]
・今の生活が、いかに循環してないないか、ことがわかった。
・お金で循環させている。
・今は循環生活を出来ていないが、したいというベクトルは向いている。
それが、小さいけど大きなワンステップ(フキちゃん&ケイさん)
・保育園のシステムデザインで、実現出来ていることがいっぱいある(2期生のクニちゃん)

2日目に続きます。

-第5期 自然農と手づくり循環生活実践コース, 自然農と手づくり循環生活, 自然農と手づくり循環生活 レポート

執筆者:

関連記事

自然農 野菜苗の定植 & 循環する暮らしのデザイン【手づくり循環生活 5月 1日目レポート】

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 さわやかな風と光が気持ちのいい、初夏になりました。いかがお過ごしですか? 4月からスタートした年間講座 第5期となる「自然農と手づくり循環生活 実践コース」 …

自分の手で「循環する暮らし」を作るには?

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 自分の手を動かして、循環する暮らしをつくるには、 都会よりも田舎の方がなにかと便利です。 たとえば都会で薪ストーブをしようと思っても、煙や薪の入手など難し …

第6期 自然農と手づくり循環生活 実践コース 募集中!

自給自足的な暮らしを実践するための年間講座「第6期 自然農と手づくり循環生活 実践コース」が、2017年4月からスタートします。

実践の時間をしっかり確保していることと、各分野の専門家から、直接指導を受けることができるのが特徴です。

将来、田舎暮らしをしてみたい方、
自然農やパーマカルチャーに関心をお持ちの方、
半農半Xにあこがれたり、
持続可能なライフスタイルに触れたいと思う方はぜひお越し下さい。

同じ関心を持つ仲間たちと出会える場です。

セルフケア&自然農 たね採りほか 年間講座 9月2日目レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 年間講座「自然農と手作り循環生活 実践コース」 9月2日目のレポートです。 担当してくれたのは、マナティ。ありがとうございます! では、どうぞお楽しみください …

野菜のタネの話<その3>自給菜園なら固定種がオススメ

一般的に売られている野菜の種には、 違う品種を掛け合わせた交配種と、 タネ屋さんの自慢の種「固定種」があります。 家庭菜園なら断然、固定種がオススメな 訳ですが、一つ目の理由は、 「固定種なら、少しず …

Go To Top