「手づくり循環生活」実践の知恵 タネの話 主催講座 自然学校 自然農 自然農と手づくり循環生活

野菜のタネの話<その2> 固定種がオススメな理由

投稿日:2022年1月25日 更新日:

今の時期は寒いので、わが家の畑はオフシーズン。

次のシーズンに向けて、土に力を蓄えてもらう時期として、
畑には米ぬかをまいて、お休みしています。

とはいえ、春はあっという間にやってきます。

野菜のタネのことは、自給自足的な暮らしの必修科目。

春の種まきに向けて、野菜のタネの話 その1に続き
タネについてご紹介します。

 

家庭菜園なら、固定種がオススメな理由とは?

今の主流は、交配種(F1種)です。

交配種とは、ひと言で言えば、
父株と母株のいいところをあわせ持つ
ハイブリッド種。

交配種は、生育期間やカタチ、大きさが
そろうので、交配種には、農家さんに
とって様々なメリットがあります。

でも、家庭菜園なら断然、固定種がオススメです。

 

固定種ってなに?

固定種とは、ひと言で言えば、
「タネ屋さんが育てた自慢のタネ」

例えば、カブの種子をまくとします。

たくさん育てた中から、形や味のいいものを選んで、
種子を採り、またそれを育てます。

これを何世代も繰り返して、いいものを選抜して
育成すると、性質が「固定化」してきます。

これが固定種です。

 

なぜ、家庭菜園には固定種がいいのか?

家庭菜園に固定種をオススメする理由は
いろいろあります。

<理由 その1>
固定種なら、少しずつ収穫できる!

出荷するなら一度に収穫して、畑を片付け、
次の種まきをした方が効率よく栽培できます。

その点、交配種が有利です。

 

一方、
固定種は、収穫までの日数にバラツキが出ます。
つまり、ダラダラと少しずつ採れるわけです。

たとえば、大根。

家庭で使うなら、一度に30本収穫できるのと、
大きなものから少しずつ収穫するのでは、
どちらがいいでしょう?

漬物を一度にたくさん漬けるのでなければ、
少しずつ採れた方がいいですね。

次回は、もう一つの理由をご紹介します。

野菜のタネの話<その3>

 

野菜の種子について
もっと知りたい方にオススメ!

2月11日(祝)に開催する体験会

「自然農&畑をするなら知っておきたいタネの話」では、

自然農の基本がわかるのはもちろん、
ミニ講座のほか、作物のタネの選び方や、
性質を学ぶことができます。

ーーー

自給自足的な暮らしを楽しむなら、
タネのことは、必修科目です。

基本がわかると、楽しさ倍増!

ぜひ、ご参加下さい。

オンラインなのでご自宅からご参加いただけます。

また、録画視聴コースもありますよ。

ご参加を、お待ちしています!

2/11 自然農体験会&畑をするなら知っておきたいタネの話

 

 

・自分の手を動かして、自分の暮らしを作りたい!

・自然農やパーマカルチャーのエッセンスを
取り入れた暮らしを実践したい!

という方向けの実践講座
年間講座「自然農と手作り循環生活 実践コース」
様子もご紹介します。

ぜひお出かけくださいね。
 

自然農体験会の詳細はこちらをご覧ください。

 

-「手づくり循環生活」実践の知恵, タネの話, 主催講座, 自然学校, 自然農, 自然農と手づくり循環生活

執筆者:

関連記事

自然農&循環生活 年間講座 2019年度生 募集案内

こんにちは、「風と土の自然学校」の梅崎靖志です。 家族で、自給自足的な暮らしを楽しみながら、自分の手でつくる循環する暮らしの魅力をお伝えしています。 ◇「自給自足的な暮らし」に憧れるけど・・・ 「田舎 …

わが家の自給率アップで、足もとを固めよう

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 暑い日が続きますね。 30度台後半はあたりまえ。 40度を超えているなんて、ほんと異常です。 暑さにまいっていませんか? 八ヶ岳の麓 標高1000mに拠点 …

自給自足の農的暮らしへ、はじめの一歩

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 田舎で暮らしたい。 自給自足にあこがれる。 そんな風に思っていませんか?   「でも、自分にできるかな?」 「何から始めたらいいの?」 興味はあ …

心の豊かさを感じる暮らしを支えるもの

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 私たちの自然学校のテーマは、自然と調和した自給自足的な暮らし。   持続可能なライフスタイルを実践するために役立つ知識と技術を、体験しながら学べる自然学校 …

自然農的な種まき&水やりの考え方

秋冬野菜のタネまきも順調! 大根、カブ、白菜、キャベツなどなど 秋冬野菜の芽が元気に育っています。 これは、キャベツの苗床。 かわいい双葉が出ています。 自然農のタネまきは、基本的に水やりしません。 …

Go To Top