未分類

こんにゃく作り、収穫と畑の整理、机の天板 反り止め加工 12月2日目レポート

投稿日:2018年12月15日 更新日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。

12月の年間講座は、1日目が風と土の収穫祭でにぎやかでした。

2日目は、いつも通り年間講座のメンバーに戻りました。

早朝は、霜が降りてギシギシの葉っぱもきれいです。

近くの神社まで足を伸ばして、境内でウォーミングアップ。

 

こんにゃく作り

これが、コンニャクイモ。

 

よく洗って、適当な大きさに切ります。

 

コンニャクイモ1kgに対して、水3.5リットルをミキサーに入れて攪拌。

こんにゃく成功の秘訣は、正確な計量です。

 

ミキサーにかけると、ピンク色のペーストになりました。

それを火にかけて、焦げないようにひたすらかき混ぜます。

 

はじめは余裕の笑顔でしたが、火が通るってくるとだんだん重くなり、混ぜるのもひと苦労。

 

炭酸ソーダ25gを350mlでぬるま湯で溶かしておきます。
炭酸ソーダが多すぎると苦くなるし、少なすぎると固まりません。
ここでも正確な計量がポイントです。

充分に火が通ったら、炭酸ソーダを溶かしたぬるま湯をまず半分入れ、同じ方向にすばやくグルグルかき混ぜます。

10〜20回混ぜたら、残りを加えてさらに混ぜます。

この時、一定方向に混ぜないとこんにゃくがバラバラになってしまいます。

同じ方向に混ぜるのが、超重要!

よく固まるように、今回は右回りで混ぜました。

糊状になったところで混ぜるのをやめて、手で平らにならして落ち着かせます。

その後、適当な大きさに切り、20〜30分お湯で煮たらできあがり!

 

自然農の畑 収穫と翌シーズンの準備

かわいいブロッコリーが穫れました。

 

大根も収穫。

 

 

冬の間、畑はお休みです。

来春の準備として、最後に米ぬかをまいて畑を休ませます。

 

葉物や大根などが収穫できました。

ブランチ

いつものように、ブランチはカレー。

もちろん、できたてのこんにゃくも味わいました。

やわらかくて、おいしいこんにゃくでした。

 

机づくり 天板

先月に引き続き、天板づくり。

 

ヒノキの板を貼り合わせて天板を作りました。

オモテ面は、ベルトサンダーで平らに仕上げます。

 

裏面には、反り止めとして喰いつき桟(くいつきざん)を差し込みます。

 

これが、喰いつき桟。

天板の裏に溝を掘り、この桟をはめ込むわけです。

 

机の溝と、桟の大きさがぴったりにしなくてはなりません。

慎重に測って、印をつけます。

 

削る前に、現物をあわせて、確認。

 

印をしたとおりに、ルーターで溝を彫っていきます。

 

そこに、喰いつき桟を打ち込んで完了。
 

 

これで、3枚の机の天板に、喰いつき桟が入りました。

 

最後に、ふりかえりとまとめをして、12月の講座が終了しました。

 

-未分類

執筆者:

関連記事

アイスブレイクセミナーを開催します!【終了】

※このセミナーは終了しました。
無料メールセミナー【アイスブレイク7つのコツ】をぜひご利用ください。
現場ですぐに役立つポイントの他、次回のセミナー開催情報もお届けします。

自然農 収穫&軽トラキャンパー 建具取付け 年間講座 12月2日目レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 自分の手で暮らしを作る自給自足的な暮らしをテーマにした年間講座 「自然農と手作り循環生活 実践コース」12月2日目のレポートです。 担当してくれたのは、よーち …

【予告】コミュニケーション&ファシリテーション道場

コミュニケーションとファシリテーション・スキルを 習得する講座を、来年2月からシリーズで開催します!   参加型の場を作るファシリテーションの本質は、 一言で言えば、 「コミュニケーションの …

自然農と鏡もちづくり体験会 レポート

令和元年最後の自然農体験会のテーマは、鏡もちづくりでした。 当日の様子をレポートします。 自然農の基本がわかる自然農ミニ講座や、手づくり循環生活の紹介を行いました。   もちつき&鏡もちづく …

【参加受付中】手づくり循環生活体験会「自然農&稲刈り・脱穀」編

「循環する手づくりの暮らし」は、私にもできる? ・自然農に興味がある ・稲刈りや脱穀をしてみたい ・自分の手を動かしてつくる「循環する農的な暮らし」に興味がある   「でも、私にもできる?」 …

風と土の自然学校

Go To Top