エッセイ 自然学校

ダイコンの間引き菜の思い出

投稿日:2019年10月4日 更新日:

大きくなってきたダイコンを間引きながら、ふと思い出したことがあります。

あれは、僕が、幼稚園に通っていたころ。たぶん、年長でした。

ある日、ダイコンの間引き菜を1本、幼稚園の先生からもらったんです。
ギザギザの葉の先には、小指ぐらいの小さなダイコンがついていました。

 

「お味噌汁の具にしてもらってね」

そういわれて、受けとった小さなダイコン。

たぶん園児一人ひとりに、1本ずつ配られたのでしょう。

たった1本の小さなダイコンは、家族で食べるにはあまりに小さくて。
もちろん先生は、「ほかの具といっしょに入れてね」というつもりだったのでしょう。

 

でも、「育てたら、大きくなるんじゃないか」
そう思った僕は、庭の柿の木の根元にそのダイコンを植えました。
大きく育てて、母を驚かせようと、心の中でにんまりしながらです。

もちろん、幼稚園児のやることだから、植えた後は、案の定、すっかり忘れてしまいました。

 

それでも、しばらくしてから「そういえば」と思いだして、柿の木の根元を確認したんです。

でも、そこにあるはずのダイコンは、跡形もなく消えていました。

 

ダイコンを植えたところは日陰だったし、
ダイコンなどの根モノは、苗を育てて移植してもうまくいきません。

だから、消えてしまうのも、当然といえば当然のこと。

 

「あの時、大きくしようなんて思わずに食べればよかった」と、年長だった僕はがっかりしたんです。

畑で、ダイコンの間引きをしながら、そんな記憶がふとよみがえりました。

あの頃は、まさか自分がダイコンを育てるようになるとは思ってもみなかったなぁ。

 

そして今日も、ダイコンの間引き菜がたくさんとれました。

収穫した間引き菜が、味噌汁の具になったのは、いうまでもありません。 

-エッセイ, 自然学校

執筆者:

関連記事

【期間限定プレゼント!】固定種の種子を扱っているタネ屋さん情報

秋冬野菜の種まきの季節がやってきました! 野菜のタネを買うときは、どんな基準で選んでいますか? 野菜を自分で育てている方や、タネの選び方を知りたい方は、ぜひお読み下さい。 自然の野菜を育てる人のタネの …

自然学校つながりでめぐる中国の旅 2018年12月

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 年末は、中国雲南省の昆明にて、 自然体験活動の指導者を育成する トレーナー向け研修を担当してきました。 2011年に初めて中国を訪れてから、 たぶん今回が10 …

自然農&稲刈り・脱穀編 レポート2 手づくり循環生活体験会

手づくり循環生活体験会<自然農&稲刈り・脱穀編> レポート1の続きです。   稲刈り さっそく稲刈りです。 始めに刈り方の説明をしたら、みんなでノコギリ鎌を使ってザックザックと刈っていきます …

大きな変化の時代だからこそ、 大地と人とつながろう

あけましておめでとうございます。     自分の暮らしの足もとを固め、 自然や人とのつながりをきちんと作っていく。   これからの時代、こうした暮らし方が ますます重要になっていくでしょう。 入口はや …

「ロケットコンロ・ピザ」と「ぬかくど羽釜ご飯」&自然農体験会

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 「風と土の自然学校」は、循環する手づくりの暮らしを 楽しみながら実践している梅崎家が、家族で運営している自然学校です。 自然農の畑と田んぼで作物を育て、季節の …

Go To Top