エッセイ 自然学校

ダイコンの間引き菜の思い出

投稿日:2019年10月4日 更新日:

大きくなってきたダイコンを間引きながら、ふと思い出したことがあります。

あれは、僕が、幼稚園に通っていたころ。たぶん、年長でした。

ある日、ダイコンの間引き菜を1本、幼稚園の先生からもらったんです。
ギザギザの葉の先には、小指ぐらいの小さなダイコンがついていました。

 

「お味噌汁の具にしてもらってね」

そういわれて、受けとった小さなダイコン。

たぶん園児一人ひとりに、1本ずつ配られたのでしょう。

たった1本の小さなダイコンは、家族で食べるにはあまりに小さくて。
もちろん先生は、「ほかの具といっしょに入れてね」というつもりだったのでしょう。

 

でも、「育てたら、大きくなるんじゃないか」
そう思った僕は、庭の柿の木の根元にそのダイコンを植えました。
大きく育てて、母を驚かせようと、心の中でにんまりしながらです。

もちろん、幼稚園児のやることだから、植えた後は、案の定、すっかり忘れてしまいました。

 

それでも、しばらくしてから「そういえば」と思いだして、柿の木の根元を確認したんです。

でも、そこにあるはずのダイコンは、跡形もなく消えていました。

 

ダイコンを植えたところは日陰だったし、
ダイコンなどの根モノは、苗を育てて移植してもうまくいきません。

だから、消えてしまうのも、当然といえば当然のこと。

 

「あの時、大きくしようなんて思わずに食べればよかった」と、年長だった僕はがっかりしたんです。

畑で、ダイコンの間引きをしながら、そんな記憶がふとよみがえりました。

あの頃は、まさか自分がダイコンを育てるようになるとは思ってもみなかったなぁ。

 

そして今日も、ダイコンの間引き菜がたくさんとれました。

収穫した間引き菜が、味噌汁の具になったのは、いうまでもありません。 

-エッセイ, 自然学校

執筆者:

関連記事

ママに自信が生まれる「私の子育て、これで大丈夫!」

自分の手で作る循環する暮らしで わが家の自給率をアップしよう! 風と土の自然学校 梅崎靖志です。   先週末は、 お母さんと未就学の小さなお子さんを 対象とした連続講座、第1期の最終回でした …

田舎暮らしに憧れるけど、私にできるのかな?というあなたへ

都会から田舎へ移住したい、 自然に近い暮らしがしたい、 そう思っていても、 単に田舎に移住すれば、理想の暮らしができる訳ではありません。 大切なのは、自分たちがどんな暮らしを作りたいのか、 というイメ …

超高利回り!お得な話し、コッソリ教えちゃいます

こんにちは、風と土の自然学校です。 今年の梅雨は、適度に降り、適度に晴れて、 とてもいい感じです。 あなたがお住まいの地域はいかがですか?   さて、今日は、とってもお得な超高利回りなお話し …

「海にも水はたくさんあるから、節水って意味あるのかな???」素朴な疑問がとっても大事

自分の手で作る循環する暮らしで わが家の自給率をアップしよう! 風と土の自然学校 梅崎靖志です。   週末は、オンラインの連続講座 「おうちでパーマカルチャー塾」 7月2回目のクラスでした。 …

わら灰で作る 昔ながらのコンニャクが美味しすぎて困っちゃう

  年間講座の仲間たちと、 わら灰を使った昔ながらの コンニャクづくりをしました。     コンニャクづくりには、 いろいろな方法があります。   30年ほど前に、 当時の勤め先で教えてもらったのが …

Go To Top