エッセイ 自然学校

ダイコンの間引き菜の思い出

投稿日:2019年10月4日 更新日:

大きくなってきたダイコンを間引きながら、ふと思い出したことがあります。

あれは、僕が、幼稚園に通っていたころ。たぶん、年長でした。

ある日、ダイコンの間引き菜を1本、幼稚園の先生からもらったんです。
ギザギザの葉の先には、小指ぐらいの小さなダイコンがついていました。

 

「お味噌汁の具にしてもらってね」

そういわれて、受けとった小さなダイコン。

たぶん園児一人ひとりに、1本ずつ配られたのでしょう。

たった1本の小さなダイコンは、家族で食べるにはあまりに小さくて。
もちろん先生は、「ほかの具といっしょに入れてね」というつもりだったのでしょう。

 

でも、「育てたら、大きくなるんじゃないか」
そう思った僕は、庭の柿の木の根元にそのダイコンを植えました。
大きく育てて、母を驚かせようと、心の中でにんまりしながらです。

もちろん、幼稚園児のやることだから、植えた後は、案の定、すっかり忘れてしまいました。

 

それでも、しばらくしてから「そういえば」と思いだして、柿の木の根元を確認したんです。

でも、そこにあるはずのダイコンは、跡形もなく消えていました。

 

ダイコンを植えたところは日陰だったし、
ダイコンなどの根モノは、苗を育てて移植してもうまくいきません。

だから、消えてしまうのも、当然といえば当然のこと。

 

「あの時、大きくしようなんて思わずに食べればよかった」と、年長だった僕はがっかりしたんです。

畑で、ダイコンの間引きをしながら、そんな記憶がふとよみがえりました。

あの頃は、まさか自分がダイコンを育てるようになるとは思ってもみなかったなぁ。

 

そして今日も、ダイコンの間引き菜がたくさんとれました。

収穫した間引き菜が、味噌汁の具になったのは、いうまでもありません。 

-エッセイ, 自然学校

執筆者:

関連記事

自給自足の農的暮らしへ、はじめの一歩

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 田舎で暮らしたい。 自給自足にあこがれる。 そんな風に思っていませんか?   「でも、自分にできるかな?」 「何から始めたらいいの?」 興味はあ …

【開催報告】 調理ストーブ&手づくり循環生活のお話し会

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 僕が住む八ヶ岳は、いいお天氣です。 八ヶ岳は、昨日は雪が降りましたが、 家の周りの雪はほとんどとけました。 なんだか寒さもゆるんできたような氣がします。 …

お米の赤ちゃんと命のつながりのお話

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 今年も、お米の苗代作りが一通り終わり、ひと安心。 あとは、順調に育ってくれるように手助けする段階です。   苗代とは、種籾をまいて苗を育てる場所 …

田舎に移住する前に、知っておきたいこと

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 新型コロナウィルスの影響が長期化する中、 都会から田舎へ引っ越そう、と考える 移住希望の方がふえています。   でも、田舎暮らしって、都会の暮ら …

心の豊かさを感じる暮らしを支えるもの

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 私たちの自然学校のテーマは、自然と調和した自給自足的な暮らし。   持続可能なライフスタイルを実践するために役立つ知識と技術を、体験しながら学べる自然学校 …

Go To Top