エッセイ 自然農

自然農の畑が教えてくれた「信じて待つこと」の大切さ

投稿日:

畑からの野菜セット

だんだん寒くなってきて、今年の畑もそろそろ終わりが近づいてきました。

とはいえ、まだまだ収穫できます。9月、10月、11月と月を追うごとに葉物や根菜がとれるようになり、収量も多くなっていくのが毎年の傾向。
 
昨日は、コンニャクイモを掘りました。
コンニャクイモは、毎年少しずつ大きくなり、子芋も増えていきます。
こんにゃく作りに使うのは、3年目のイモです。
 
 
 
コンニャクを収穫したついでに、
ニンジン、ダイコン、シュンギク、カブなども一緒に収穫。
 
畑が生み出してくれた野菜セットです。
 

 
 

自然の恵みを受けとる

 自然の恵みを受けとるひとつの方法が、畑での野菜栽培。
 
わが家は、川口由一さんの提唱する自然農の考え方をベースにしています。
 
 
1年目は土が硬くて収穫量もずいぶん少なかったのです。
 
それでも、耕さず、草も虫も敵としない。肥料も農薬も使わない。
 
 
すると2年目、3年目、と年を重ねる度に、畑がよくなっているのが目に見えてわかります。
 
「昨年よりも、ずいぶんよくなったなぁ」と実感し続けて、今年で8年目。
 
毎年、確実に豊かに、土もずいぶん柔らかくなっています。
 
 
 
肥料をしっかり施しているお隣の畑と比べれば作物は小さいかもしれない。
 
でも、昨年の収穫と比べれば今年の方が確実によくなっています。
 
 
始めの数年は、キャベツもハクサイも結球しませんでした。
結球するには、栄養分が必要なのです。
 
最近は、キャベツもしっかり結球してくれるようになってきました。
 

 

こんな風に毎年、畑の成長が実感できるのが本当にうれしいのです。

 
 

信じて待つことの大切さ

一見すれば、何も変わっていないように見えるけど、地面の下では作物や草たちが根を伸ばし、たくさんの生き物や菌類が働いています。
 
他と比べずに、信じてじっと見守る。
 
すると、昨年よりも確実によくなっていきます。
 
 
これは人も同じ。
 
 
他人と比べてしまえば、「どうして自分は・・・」となりがちです。
 
でも、去年の自分と比べれば確実に成長しているハズ。
 
 
比べるのは、過去の自分。
 
子育ても、自分自身の成長においても、これがとても大切だと、自然農の畑を通じて実感しています。
 
 

-エッセイ, 自然農

執筆者:

関連記事

縄文人こそ、循環する農的暮らしの実践者!

  ネイチャーライティング文章術 開催報告 <縄文人こそ、循環する農的暮らしの実践者!> 先週末は、ネイチャーライティング文章術 を開催しました。 ネイチャーライティングとは、自然を題材にしたエッセイ …

野菜のタネの話<その2> 固定種がオススメな理由

今の時期は寒いので、わが家の畑はオフシーズン。 次のシーズンに向けて、土に力を蓄えてもらう時期として、 畑には米ぬかをまいて、お休みしています。 とはいえ、春はあっという間にやってきます。 野菜のタネ …

田んぼが教えてくれた、命が育つタイミング

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 一時は、夏かと思うような日が続きましたが、再び梅雨らしいお天気ですね。   田んぼが教えてくれた、命が育つタイミング   田んぼでは、 …

言葉を越えるコミュニケーションとは?

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 大学3年生の秋。 「言葉を尽くせば、コミュニケーションはうまくいく」 そう思っていた僕には、衝撃的な出来事がありました。   言葉を超えるコミュ …

微生物と作物の超おもしろい関係、なんて興味ある?

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 気温も上がり、畑では草たちが元気になってきました! 自然農では、草ととも作物を育てます。 作物も、生態系の一員ということ 実は、生態系の一員として作物を育 …

Go To Top