自然学校 自然農

自然農は、なぜ耕さないのか?「自然農」3つの基本のお話し

投稿日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。

わが家では、
川口由一さんが提唱する自然農を参考に

畑での作物栽培をしています。

 

自然農3つの基本

自然農の3つの基本は、

・耕さない

・草も虫も敵としない

・持ち出さない、持ち込まない

 

なぜ耕さないのか?

耕さないと、土は固くならないのか?

 

氣になりますよね?

実は、耕さないと土は柔らかくなるんです。

 

たとえば、森。

耕していないけど、森の土は柔らかいですよね。

いろいろな働きで土が柔らかくなるんです。

 

なぜ草も虫も敵としないのか?

草を生やせば、虫が増えないのか?と良く聞かれます。

 

じつは、虫は増えます(笑)

でも、大丈夫なんです。

なぜ大丈夫なのか、氣になりますよね?

 

答えは簡単。

いろんな草が生えていると、いろんな虫がやってきます。

そこには、害虫も益虫もそれ以外のただの虫も来るんです。

 

すると生態系のバランスがとれるから、

害虫だけが増えるということは起こりにくくなります。

 

もちろん、主役は作物だから草は刈ります。

抜かずに刈る、というのがポイントです。

 

持ち出さない、持ち込まない、というのはどういう意味なのか?

たとえば、刈った草は持ち出さず、
生えていたうねの上に敷いてあげます。

収穫が終わった作物の残渣も、その場に敷いてあげます。

これが持ち出さない、ということ。

 

そして、肥料や農薬は使わないので、

これが、持ち込まないということ。

ただし、土がやせている時は、
補いとして米ぬかなどを表面にまいてあげます。

 

草も虫も敵としない自然農のお話し

自然農について、3分の動画にまとめたので、
よかったらどうぞ!

 

 

メルマガ「風と土の便り」のご案内

風と土の自然学校の活動にご興味をお持ちいただけたら、
メルマガ「風と土の便り」に、ぜひご登録ください。

最新情報をお届けします。

ご登録は、こちらをクリックしてください

 

-自然学校, 自然農

執筆者:

関連記事

自然農 うね立て&ぬかくどご飯体験会 レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 暖かくなり、春らしくなりましたね。 先日開催した自然農体験会。 今回のテーマは、自然農のうね立てと、ぬかくどで炊く羽釜ご飯です。 当日の様子をお伝えします。 …

心の豊かさを感じる暮らしを支えるもの

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 私たちの自然学校のテーマは、自然と調和した自給自足的な暮らし。   持続可能なライフスタイルを実践するために役立つ知識と技術を、体験しながら学べる自然学校 …

「風と土の収穫祭」の様子 年間講座12月 1日目

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 12月の年間講座1日目は、1年に1度のお祭り「風と土の収穫祭」 今年は、第5回の収穫祭でした。 収穫したお米と小麦をみんなでおいしくいただき、有志のみなさ …

自然農的な種まき&水やりの考え方

秋冬野菜のタネまきも順調! 大根、カブ、白菜、キャベツなどなど 秋冬野菜の芽が元気に育っています。 これは、キャベツの苗床。 かわいい双葉が出ています。 自然農のタネまきは、基本的に水やりしません。 …

都会で暮らすメリットって何だっけ?

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 今年は、いつになく静かなゴールデンウィークでした。 私たちが暮らしはじめた八ヶ岳も、 例年はすごい混雑になるのですが、 今年はいたって静か。 コロナの感染 …

Go To Top