屋根の防水シートがビリビリに!自然の力には敵いません

 
 
週末は、建築ワークショップでした。
9月から月一回の開催で、計4回。
今回は、柱を支える筋交を入れて、
屋根の防水シートを貼ったところで終了。
屋根は、防水シートの上から
板を貼る板葺き仕上げと、
一部は草屋根にします。
きっと、いい感じで仕上がると思います。
ここまで大きなトラブルもなく、
順調順調。
だったのですが・・・
昨夜の強風で、仮止めした防水シートが
あおられて、一部のシートがビリビリに!
防水シートは、
できるだけ穴を開けたくないので、
最小限のステープルで止めて
いました。
風対策として、板で仮押さえを
してたけど、ちょっと心もとないなー、
と思いつつ、
夕方も暗くなり始めたので、
翌日、きちんと対策をしよう〜
と、作業終了。
ところが、ところが、
夜に強い風がビュービュー吹いて、
大丈夫かなぁ
と思っていたら案の定・・・
いやはや、なんとも。
昨日、もう一手間かけておけば
よかったなぁ、と思っても
あとの祭り(笑)
屋根を仕上げるまで、
もうしばらくかかるので
とりあえずの対策をしました。
明日から、コツコツと屋根の仕上げに
入ります。
日に日に寒くなるので、
急がないとね〜
時には、こんな失敗もあるものさ、と。
自然の力には、やっぱり敵いません。
もちろん、シートが破れただけで
建物はなんともありません。
ヤギとニワトリを迎えるために
来春の完成を目指しています〜
もし、自分の手でつくる
自然とつながる暮らしにご興味があれば、
メルマガ「風と土の便り」を
きっと気に入っていただけると思います。
こちらからぜひチェックしてくださいね。
今日の夕方、
学校から帰ってきた小6の娘しーさん。
ヤギ小屋の屋根で作業していたら、
家に入らず、まっすぐにヤギ小屋に
やって来ました。
彼女こそ、
ヤギを飼いたいと言い出した張本人(笑)
小屋の住み心地が気になるようです。
いわく
「小屋の中の方がちょっとあったかい」
えー、まだ壁もないんですけど。
それでも、
ちょっとはあたたかいそうです。
ここに住みたい、とも(笑)
ヤギとわらの上で寝たら、
あったかいかもね。
ヤギたちが少しでも暖かく
冬を過ごせるようにわらの断熱材を
入れてあげようかな。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次