「手づくり循環生活」実践の知恵 自然学校 自然農と手づくり循環生活 食品加工と発酵

わら灰で作る 昔ながらのコンニャクが美味しすぎて困っちゃう

投稿日:2021年12月19日 更新日:

 

年間講座の仲間たちと、
わら灰を使った昔ながらの
コンニャクづくりをしました。
 
 
コンニャクづくりには、
いろいろな方法があります。
 

30年ほど前に、
当時の勤め先で教えてもらったのが
コンニャクソーダを使う方法。
 


 
 
僕は、わらを使うこの方法で作る
コンニャクが一番好き。
 
 
ポイントは、
わらを燃やして黒くなったところで
お湯に投入して灰汁(あく)を作るというところ。

 
ワラの量が少ないと、
うまく固まらないけど、
ここをクリアすれば、
たぶん失敗しないと思います。

 

僕たち家族が運営する
「風と土の自然学校」の年間講座でも、
当初はコンニャクソーダを
使っていました。
 
 

次に、当時のお隣さんに
教えてもらったのが、
石灰を使って固める方法です。
 
 
 
こちらは、
ソーダを使うよりもえぐみが少なく、
おいしくて驚きました。


そして、昨年からはじめたのが
わらを燃やして作った灰汁を
使うやり方。
 

昔はこれが普通のやり方
だったと思うけど、
いまはわらが手に入りにくいので
石灰やソーダを使う様に
なったのでしょう。

 
石灰やソーダを使う方法は、
きちんと量を計らないと
おいしくできません。
 
 
でも、わら灰を使うこの方法は、
コツをつかめば
量りがなくても大丈夫。
 
おいしくできることがわかりました。
 

わら灰で作る昔ながらのこんにゃくづくり

 

まず、わらを燃やします。

使ったわらは、もちろんわが家の稲わらです。

 

炎がおさまり、熾(おき)になったら、
鍋のお湯に投入〜

 

こんな感じで黒い液体ができます。

 

ザルと手ぬぐいでわら灰を濾します。

写真は、竹ざるのしたに、もう一つ
手ぬぐいを敷いたザルがあります。

 

炭状のわら灰に、濾した灰汁を
何度も通します。

 

すると少しずつ透き通ってきます。

 

この灰汁と皮をむいたこんにゃく芋を
ミキサーに入れてペースト状にします。

昔は手ですりおろしていたのですが、
今回は時間短縮のため、文明の利器を使用(笑)


 

よく練って、休ませます。

 

 

固まってきたら、お椀ですくって
手で形を整えます。

 

大鍋に沸かしたお湯に入れます。

 

今回は、生の芋をすりおろしたので、

火が通るまでよく煮ます。

 

市販のこんにゃくよりも柔らかく
刺身こんにゃくとして美味しくいただきました。

 

後日、参加者さんからは、

「あのこんにゃくが美味しすぎて
市販のこんにゃくが食べられません〜」

とメッセージが届きました(笑)

 

年間講座では、
コンニャクづくりや味噌づくりなど、
食に関することはもちろん、

自然農や木工、糸紡ぎ、健康、
自然エネルギーの活用まで、

自分の手でつくる
循環する暮らしをテーマに
体験を通じて学びます。


メルマガ風と土の便りでは、
わたしたちの
手づくりの暮らしを
通じて、その魅力をお届けしています。

また、講座のご紹介もあります。


自分の手でつくる暮らしにご興味があれば、
きっと気に入っていただけると思います。
 
こちらをクリックして、
ぜひチェックしてくださいね。
メルマガ「風と土の便り」
 
 

ちなみに、
コンニャク芋は、里芋の仲間です。


生のイモに素手で触ると
めちゃくちゃかぶれます。
 
 
そんなイモを工夫して、
手間をかけて

おいしく食べられる様にした
先人たちの知恵と根性😅には
脱帽です!

柔らかくておいしいコンニャクは、
大人はもちろん、
子供たちにも人気でした〜

-「手づくり循環生活」実践の知恵, 自然学校, 自然農と手づくり循環生活, 食品加工と発酵

執筆者:

関連記事

みんなで田植え! 6/10、6/12に開催

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 6/10(土)と6/12(月)に、田植えイベントを開催します。 私たちの田んぼは、無農薬&無肥料です。だから、田んぼには生きものがいっぱい! おいしいお米が元 …

スローライフの豊かさの源泉は、ここにある!

自分の手で作る循環する暮らしで わが家の自給率をアップしよう! 風と土の自然学校 梅崎靖志です。   季節に寄り添い、 自分の手で作る暮らしが楽しいのが、 スローライフのいいところ。 と同時 …

ダイコンの間引き菜の思い出

大きくなってきたダイコンを間引きながら、ふと思い出したことがあります。 あれは、僕が、幼稚園に通っていたころ。たぶん、年長でした。 ある日、ダイコンの間引き菜を1本、幼稚園の先生からもらったんです。 …

みんなで稲刈り!(終了しました)

 こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。

いよいよ、稲刈りの季節となりました。

わが家の田んぼは、品種の都合で稲刈りは10月中旬からスタートです。

当日は、田んぼで実ったイネを鎌で刈ります。

青空の下、赤トンボが飛び交う田んぼで、秋のさわやかな風を感じながらの稲刈り。

 

一緒に気持ちよい汗をかきませんか?

みんなでザックザックと稲刈りしたいあなた!お待ちしています〜

 

お一人での参加はもちろん、親子での参加もできます。

はざかけ

 

◇開催日

2016年10月10日(祝)

 

◇時間:10時半集合〜15時半解散です。

 

 

◇集合場所:風と土の自然学校の田んぼ(山梨県都留市)

 詳しい場所は、お申込みの方にお知らせします。

 ※新宿西口より、高速バスで90分。

  高速バス 富士五湖線にて、中央道都留バス停下車5分。

  JRの場合は、中央線大月駅乗り換え、富士急行 都留市駅下車。

  駅から徒歩7分。

◇持ち物
お弁当

軍手または作業用革手袋

水筒

帽子

着替え

レインウエア(上下セパレート)

動きやすく、汚れてもよい服装&クツ

※イネの葉で肌を傷つけますので、必ず長袖、長ズボンでお越しください。

 

 

◇参加費(保険料を含みます)

大人、こども ともに300円/人

 

 

ご参加をお待ちしています!

お申込みはこちらからどうぞ!

集合写真

 

わが家の自給率アップで、足もとを固めよう

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 暑い日が続きますね。 30度台後半はあたりまえ。 40度を超えているなんて、ほんと異常です。 暑さにまいっていませんか? 八ヶ岳の麓 標高1000mに拠点 …

Go To Top