「手づくり循環生活」実践の知恵 自然学校

理想の田舎暮らしができる物件を見つけた方法

投稿日:

 

いざ田舎で暮らそう!と思っても、
なかなか物件が見つからず、
苦労することがあります。

なので、時々質問をいただくのが、
田舎の物件の見つけ方です。


普通は、不動産屋さんをまわって
物件を見つけるわけですが、

田舎であればあるほど、
都会のようなわけにはいきません。



今から20年前、
僕がまだ独立する前のこと。


富士山の麓に拠点を置く
自然学校で仕事をすることに
なったときもそうでした。


田舎暮らしの憧れもあり、
せっかくなら、庭のある一戸建て。


できれば古民家のような家に
住んで、小さな畑で野菜づくりを
やりたいと思っていたんです。


そこで、
不動産屋さんで
物件探しをしました。


でも、
思うような物件は皆無でした。



不動産屋さんが扱う物件は、
ほとんどがアパートか、
賃貸用に建てられた一戸建て。


その時に案内されたのも、
車がようやく1台停められる
スペースがあるだけの
街中の物件ばかり。


当時、僕は知らなかったのですが、

田舎の集落には、空き家はあっても、
さまざまな事情で
貸してくれるところは意外と
少ないんです。


困っていたら、
勤務先になる自然学校の
マネージャーが、

「山向こうの集落に
空き家があったわよ」

と教えてくれました。


早速、車でその家を
見にいったら、
年季の入った古民家でした!


ひと目で気に入ったのですが、
さて、どうしたものか・・・。


たまたまお孫さんを連れて
散歩をしているおじいさん
がいらしたので、声をかけました。


大家さんはちょっと遠いけど、
親戚のうちがあるから、とのこと。



結果、ご親戚を介して
大家さんにお願いして、
無事に貸していただける
ことになりました。


そのままでは、
快適には住めないので、
家賃がない代わりに、
改修費は自分持ち、
という契約に(笑)


かなり、イレギュラーな
経緯で、ご縁をいただいたわけです。



最近は、移住促進に
取り組んでいる市町村も多くなりました。


空き家バンクとして、
物件情報を蓄積している市町村も
あるので、住みたい地域の役所に
問い合わせてみるのがおすすめです。


ネットには、
まだ掲載していない情報を
教えてもらえたりすることも
あるかもしれません(笑)


また、
田舎暮らし用の物件を
専門で扱っている
不動産屋さんもあります。


どんなふうに暮らしたいのか?
イメージが固まっていると、
物件探しもスムーズですね。


どうぞご参考に。



田舎暮らしをしたいけど、
実際にはどうすればいいの?

というときは、
風と土の自然学校のメルマガ
「風と土の便り」がお役に立ちます。



自分の手でつくる循環する暮らしを
実践するわが家の取り組みや、
「風と土の自然学校」の情報を
お届けします。

詳しくは、こちらをご覧くださいね。



静岡の古民家では、
その後、新潟に転勤になるまで、
6年間、暮らしました。


新潟から東京を経た後、
山梨へ移住することになるのですが、

その時は、友人を介して、
またもや大家さんと直談判(笑)で
農村集落のお家を借りて移住しました。



物件情報をキャッチする方法は、
ほかにもいくつかあるのですが、
それはまた今度。


寒さが厳しくなってきましたね。
暖かくしてお過ごしください~

-「手づくり循環生活」実践の知恵, 自然学校

執筆者:

関連記事

循環する暮らしが、自然と実現してしまう秘訣とは?

昨夜は、第2期となる オンラインの連続講座 「おうちでパーマカルチャー塾」 でした。 パーマカルチャーとは、 自然と調和した暮らしをつくる 知恵と技術の体系です。 今回のテーマは、 パーマカルチャーの …

屋根の防水シートがビリビリに!自然の力には敵いません

    週末は、建築ワークショップでした。 ⁡ 9月から月一回の開催で、計4回。 ⁡ ⁡ 今回は、柱を支える筋交を入れて、 屋根の防水シートを貼ったところで終了。 ⁡ ⁡ 屋根は、防水シートの上から …

自然農の収穫&暮らしに活かす趣味養蜂 年間講座11月レポート2日目

年間講座「自然農と手づくり循環生活 実践コース」 第9期 11月 2日目のレポートです。 担当してくれたのは、ヒロくん。 ありがとうございました! では、さっそくどうぞ。   畑で収穫&am …

自然農&稲刈り・脱穀編 レポート1 手づくり循環生活体験会

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 わが家の稲刈りもようやく終わり、ホッとしているところです。 来週には、すべての脱穀を終えて、一段落できるかな。 今年も、田植えから稲刈り・脱穀まで、たくさ …

言葉を越えるコミュニケーションとは?

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 大学3年生の秋。 「言葉を尽くせば、コミュニケーションはうまくいく」 そう思っていた僕には、衝撃的な出来事がありました。   言葉を超えるコミュ …

Go To Top