自然と人の役に立つ「自分のシゴト」

【自分のシゴト】集客がうまくいかないとき、どうしたらいい?

2019/12/18

こんにちは、梅崎靖志です。

「自分のシゴト」をテーマにした起業のサポートをしていると、

いろいろなご相談をいただきます。

 

今回は、「集客」をテーマに、いただいている悩みやご質問にお答えしていきましょう。

もし、「自分のシゴト」で起業したいと思っているなら、あなたもきっと興味があるはずです。

お客さんに来てもらわないと、

「自分のシゴト」が成立しませんからね(笑)

 

さて、こんなお悩みをいただいています。

ーーー

ワークショップやセミナーを仕事にしたいけど、 集まってくれるのは友人ばかり。 友人以外に広がりません。

ーーー

マッサージサロン2年。 少しずつ知られてきたけど、お客さんは、 月に数人しかありません。

ーーー

 

始めてはみたものの・・・

いざ、「自分のシゴト」をはじめても、 集客がうまくいかなくて、悩んでいる人は多いです。

 

自分の提供するサービス内容には自信があっても、 お客さんがなかなか来てくれない・・・。

一度来て、リピートしてくれる人もいるけれど、 なかなか広がらない・・・。

 

こんな風に、お客さんがあまり来てくれないと 原因をいろいろと考えてしまいます。

たとえばこんな風に・・・

・自分のサービスは、価値がない?

・サービスを提供している自分に魅力がないのかも・・・

・自分がやっていることは、必要とされていない???

・自分に何か問題があるのでは・・・

つい、お客さんに来てもらえない理由を 自分や、自分の提供しているサービスに求めてしまう。

これって、ごく自然な心の動きです。

 

でもね、集客できない原因は、

提供している自分自身や、 サービスの内容ではないことが多いんです。

 

特に、

月に数人であったとしても、継続的にお客さんが来ている。

参加してくれるのが、友人ばかりだとしても、 リピートしてくれる。

 

こういう場合は、高い確率で、

発信が圧倒的に足りていない。

これなんです。

 

つまり、

自分が提供しているサービスや商品を、

お客さん候補に、オススメしていない。

その、存在すら積極的に伝えていない。

こういうことって、よくあります。

 

集客がうまくいかないとき、どうすればいい?

お客さんが来てくれない理由は、

そのサービスを必要としているお客さんに、 情報が届いていないから

これです。

すべてとはいわないけど、これが理由のことって、

とても多いんです。

 

 

お客さんに情報が届かなければ、

どんなにすばらしいものでも、 それは、存在しないのと同じですね。

 

 

それを必要としている人がいるのに、

情報が届いていないとしたら、どうですか?

 

本当はお役に立てるのに、

お客さんに申し訳ないですよね。

 

オススメするのは、お客さんにお役に立てる

サービスの存在を知らせるためです。

 

利用するかどうか、買うかどうかはお客さんに

決めてもらえばいい訳ですから、

自信を持って、オススメしていきましょうね。

 

自分に問題があるんじゃないか・・・ サービス内容に問題があるんじゃないか・・・

と思う前に、まず発信ですよ(笑)

 

自然と人の役に立つ「自分のシゴト」をはじめよう!

自分のシゴト」をはじめるのに役立つメルマガを配信しています。
この機会にぜひどうぞl
 
 

 

募集中のイベント・講座

-自然と人の役に立つ「自分のシゴト」

Go To Top