タネの話 自然学校

【期間限定プレゼント!】固定種の種子を扱っているタネ屋さん情報

投稿日:2021年8月15日 更新日:

秋冬野菜の種まきの季節がやってきました!
野菜のタネを買うときは、どんな基準で選んでいますか?

野菜を自分で育てている方や、タネの選び方を知りたい方は、ぜひお読み下さい。

自然の野菜を育てる人のタネの選び方を期間限定プレゼント中!

ほぼ週刊で配信しているメルマガ「風と土の便り」にご登録いただいた方に、

自然の野菜を育てる人のタネの選び方と、
固定種の種子を扱っているタネ屋さん情報

まとめた

メルマガ会員限定記事のURLとパスワードを差し上げています。

8/31までの期間限定です。

この機会に、ぜひご登録下さい。
ご登録はこちらからどうぞ!

※すでにご登録いただいている方には、
次回配信のメルマガ記事にてパスワードをお送りします。
再登録の必要はありませんので、ご安心下さい。

タネには大きく2種類あります

タネには大きく交配種(F1種)と固定種があります。

いま売られている野菜は交配種が主流ですが、
家庭菜園なら断然固定種をオススメしています。

わが家でも、播くのはもっぱら固定種です。

この季節、野菜のタネを播く方なら、きっとお役に立つはず。

是非、種まきのお役に立ててくださいね。

 

【参考】自然な野菜を育てる人のタネの選び方

目次

・交配種と固定種の見分け方
・固定種をオススメする理由とは?
・自家採取できない品種に要注意!

・安心な交配種と、できれば避けたい交配種
・交配種ならではの楽しみ方

・種まきシーズンを見極めるポイント



・オススメの書籍

・固定種の種子が買えるタネ屋さん情報
など

 

メルマガ「風と土の便り」のご登録はこちらからどうぞ!

 

-タネの話, 自然学校

執筆者:

関連記事

野菜のタネ 固定種と交配種ってなに? <タネの話し その1> 

暑い日が続きますね。 畑では、草がすごい勢いで伸びています。 いまは、秋冬野菜の種まきシーズン。 タネのことは、自給自足的な暮らしの必修科目。 種まきのご参考に、タネの話をご紹介します。 固定種とか、 …

田植え三昧の週末!

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 先週末の日曜日は、夏至。 そして、夕方には日食がありました。 夏至と日食が重なったのは、 372年ぶりだったとか! 八ヶ岳では、曇っていて日食を見ることが …

小さな体に田植えの記憶を刻む意味は、きっと大きい

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。   先週末は、連続講座 「お母さんと小さな子の 手づくり循環生活」でした。 ⁡ ⁡ この連続講座は、 お母さんと就学前のお子さんを対象にした 自然とつなが …

鏡もち作り&自然農体験会に来ませんか?自分の手でつくる暮らしをはじめよう

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 無農薬・無肥料で育てている田んぼのお米、今年も無事に収穫できました!   うるち米ともち米、合わせて7品種を育てています。 7品種のうち、古代米は3品種。   …

なぜ、自然農では土をむき出しにしないの?

自然農の原則のひとつは、 草も虫も敵としない。 ⁡ といっても、 草ぼうぼうにしておく訳ではありません。 はやり主役は作物ですから、 作物と競争している草は、刈ります。 そして、刈った草は、その場に敷 …

Go To Top