タネの話 自然のたのしみ方 自然農

これは面白い!お野菜の一生がわかる観察ガイド

投稿日:2021年8月13日 更新日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。

今年6月に、とっても面白い野菜の本が出ました。

命つながるお野菜の一生 鈴木純(雷鳥社)

30種類以上の野菜の種子から発芽、
結実まで「お野菜の一生」を
カメラで追いかけたドキュメンタリー風の<お野菜観察ガイド>

植物観察家 鈴木純さんのすてきな写真と、
独自の視点の解説文からなる1冊です。

 

タネ、芽出し、成長、開花、結実と、
まさにお野菜の一生を追いかけたドキュメンタリーであり、
成長ステージごとの観察ポイントがまとめられています。

鈴木さんの写真と文章からは、
植物に対するやさしい眼差しと、あふれる愛が伝わってきて、
とても楽しく読める本です。

 

これだけの野菜たちの成長の記録をまとめ上げるには、
何年もの月日を要したに違いない、と思ったら、
なんと6年間の記録!(と帯にありました)

 

「植物観察家」ならではの野菜たちに対するやさしい眼差しが、
野菜の命の営みへの興味をかき立てます。

 

野菜の芽出しの写真もあるので、
蒔いた野菜の芽を雑草と見分けるのに役立つほか、
種採りの様子も紹介されていて、実用的な面も兼ね備えています。

 

野菜の栽培のノウハウを解説した園芸本とは一線を画す、
野菜の観察が楽しくなることうけあいの写真エッセイ。

植物たちへの愛があふれているのを感じて、
きっと野菜たちを見るあなたの眼差しも変わるに違いありません。

ぜひ、手に取っていただきたい1冊です。

よかったら、チェックしてくださいね。

 

 

 

-タネの話, 自然のたのしみ方, 自然農

執筆者:

関連記事

自然農の畑と田んぼの様子

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 9月中旬になって、朝夕は肌寒くなってきました。 8月の暑さがウソのようです。 畑では、夏野菜が最終コーナー。 秋冬野菜が芽を出し、徐々にバトンタッチをする …

野菜のタネの話<その2> 固定種がオススメな理由

今の時期は寒いので、わが家の畑はオフシーズン。 次のシーズンに向けて、土に力を蓄えてもらう時期として、 畑には米ぬかをまいて、お休みしています。 とはいえ、春はあっという間にやってきます。 野菜のタネ …

歩いて3分で出会える!「植物の不思議な世界」の楽しみ方

あなたの身近にある「植物の世界」への入口 あなたは、こんな風に感じることはありませんか?   ・植物は好きだけど、知識がないからわからない・・・ ・図鑑で調べようと思っても、どうやって見つけ …

田んぼが教えてくれた、命が育つタイミング

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 一時は、夏かと思うような日が続きましたが、再び梅雨らしいお天気ですね。   田んぼが教えてくれた、命が育つタイミング   田んぼでは、 …

自然農は、なぜ耕さないのか?「自然農」3つの基本のお話し

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 わが家では、 川口由一さんが提唱する自然農を参考に 畑での作物栽培をしています。   自然農3つの基本 自然農の3つの基本は、 ・耕さない ・草 …

Go To Top