主催講座 第9期 自然農と手作り循環生活 実践コース 第9期 自然農と手作り循環生活 実践コース 自然学校 自然農と手づくり循環生活 自然農と手づくり循環生活 レポート

自然農の収穫&暮らしに活かす趣味養蜂 年間講座11月レポート2日目

投稿日:2020年11月17日 更新日:

年間講座「自然農と手づくり循環生活 実践コース」

第9期 11月 2日目のレポートです。

担当してくれたのは、ヒロくん。

ありがとうございました!

では、さっそくどうぞ。

 

畑で収穫&種まき

朝は、畑での収穫作業からスタートしました。

収穫したのは、
・ニンジン
・野沢菜
・大根
・カブ
・サツマイモ
・コンニャクイモ
・ソバ

などなど。

 

ニンジンはタネ採り用のにんじんを選定するため、
まず堀り上げて、大きさ順に並べます。

その中から、形が良くてほどよい大きさのものを2本選びました。

これは、タネ採り用なので食べません(笑)

葉をにんじんの頭から数㎝残して切り落とし、土に埋め戻します。

 

埋める際はニンジンの残した葉先を少しだけ地上に出しておきます。

その上から、霜よけとして藁を敷いて完了。(草を被せてもOK)

あとは、来年ニンジンの花が咲き、種子を付けるまで待つばかりです。

そして、夏に生葉染めで使った藍(あい)の種子も収穫しました。

 

収穫で面白かったのが、コンニャクイモのでかいこと!
初めて見ました。

大きい物では、直径20CMのカボチャサイズ。
大きくて驚きでした。

ほかにも、サヤエンドウの種まきもしました。

蒔き方は点まき。1箇所に種を3〜4粒降ろしました。

種に土を被せた後、竹の枝を支柱として、
種の上にかかるように斜めに立てました。

こうすることで、発芽後のサヤエンドウのつるが
真上に伸びて、竹の枝に絡みつきやすくなります。

畑作業が一段落したところで食べた、
玉ねぎとローズマリーの特製マフィンが凄く美味しかったです!

収穫した野菜は、みんなで分けてお持ち帰りさせてもらいました

 

ブランチ

今日のブランチは、

白髪ネギが乗ったくるま麩のルーロー飯と
リンゴとにんじんのラペ

お米は、今年収穫した新米です。

 

みんなで食事の準備をして、いただきます!

ご飯が美味しくて、おかわりしまくりでした。

 

暮らしに活かす趣味養蜂

ブランチ後は、養蜂体験。

ゲストは、養蜂家の村上康裕さんです。

 

村上さんが連れてきてくれたミツバチの観察と採蜜体験のあと、
スライドを交えて講義もしていただきました。

観察と講義を通じて
養蜂の世界をとてもわかりやすくリアルに知ることができました。

 

巣箱の構造やミツバチの巣作り、
巣板にびっしり詰まったハチミツ、蜜ろう、花粉の塊などを観察。

 

そのほか、
遠心分離機をつかってハチミツを搾る採蜜の様子を          
間近で見ることができました。


糖度が十分に高まったハチミツには、
ミツバチがフタをします。

採蜜する時は、包丁でミツぶたを切り取り遠心分離機にかけます。

 

個人的に印象に残った内容

・ミツバチは、法律上で家畜に分類されており、畜産にあたるということ。脊椎動物以外で家畜にあたるものは、ミツバチだけだそうです。

・群れでは、それぞれ役割分担が決まっていて、群れ全体で一つの生命体として生きている。

役割は、
 女王蜂=産卵繁殖のみ
 働き蜂(全て雌)=蜜を集める、巣の管理など
 雄蜂=群れの1〜2割の数。繁殖のみ。
  繁殖期が過ぎれば巣から追い出されることもある。
 (厳しい世界!

・昆虫なので変温動物だが、たくさんのミツバチが集まり、巣箱の中で活動することで熱を発生させて巣の中の温度をほぼ一定に保っている(35度くらい)。この点で、恒温動物的。

・暑ければ羽を動かし風通しを良くして巣の温度を下げ、寒ければ羽を動かすことで熱を発生させて温度を上げる。

・巣の中は常に清潔。
 清潔に保つことで、群れの中で病原体や寄生虫が発生するのを
 防ぐ。常にゴミなどのない状態。
 少しのゴミでも蜜蜂が抱えて遠くへ運んでいく。

・作物の受粉は蜜蜂が大きな役割を占めている。
 作物の受粉のために、農家にミツバチの巣箱を貸し出すことも
 している。

養蜂の講義を通して感じたこと

養蜂は人と蜜蜂がお互い持ちつ持たれつの関係で成り立っているということ。

人が蜜蜂からいただくハチミツと、
ミツバチたちが冬を越すために餌として残すハチミツがある。

人が蜂蜜を取りすぎないように共同で生きてくということ。

本来自然資源には、生命を養えるキャパシティ(広さ、面積)があり、それによって人間を含めた生存できる生物の数は決まっている。

現在の人類は化石燃料などを使って、そのキャパシティ以上に繁栄が可能となっている。
でも、それらの資源は有限であり枯渇した時、今の人口を支えきれなくなってしまう。

また人類が今の化石燃料などに頼った生活を続けることにより自然破壊に繋がってしまう。

しかしその問題の解決策となりうるのが循環型農業、小規模農業、各々の自給自足的生活スタイルだということ。

また動物性の食事の消費を抑えることでも、その問題の解決になるという。(前回の講義でやったエネルギーの問題ですね)

自然環境保全、回復につながる希望があるということを知ることができてとてもためになりました。

自然資源はどの生物が独占する物ではなく、生き物全体の共有物でるということが再確認できた講義でした。

レポートは以上です。

ありがとうございました。

 

ーーー

ゲストの養蜂家 村上康裕さんのHP
村上養蜂 Beehive

ーーー

1日目のレポート 脱穀&コーチングに学ぶコミュニケーション

 

メルマガ登録

年間講座に興味のある方は、ぜひメルマガにご登録くださいね。
来年度の募集情報を一番早くお届けできます!

【メルマガ】
「風と土の便り」 自然とつながる暮らしを始めよう! 

-主催講座, 第9期 自然農と手作り循環生活 実践コース, 第9期 自然農と手作り循環生活 実践コース, 自然学校, 自然農と手づくり循環生活, 自然農と手づくり循環生活 レポート

執筆者:

関連記事

パン焼き窯の台座 石積みワークショップ 1日目 基礎づくり編 レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 現在進行中の八ヶ岳での新しい拠点作りワークショップ。 今回は、パン焼き窯の台座として、石積みのワークショップを開催しました。   本当は、水場を …

めざせ!植物の達人 樹木編〜樹木検索ができるようになる2日間!〜

めざせ!植物の達人 樹木編 たった2日で植物の基本がわかり、身のまわりの樹木を自分で検索できる! 植物図鑑をまったく引いたことのない初心者でも、 自分で樹木図鑑の検索ができるようになる2日間セミナー、 …

お金だけに頼らない暮らし方って?

2014年の豪雪時のこと。 朝起きたら目の高さまで雪が積もっていました。 観測史上最深 約150センチの積雪です。 僕の住む集落は、道が雪崩でふさがれたため、 約1週間ほど孤立しました。 その間、集落 …

森と自然農に共通点が多いのには、理由があります

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 昨年の2月、清里の森で自然農のお話しをした時の 動画があったので、アップしました。 普段は、畑でしているお話ですが、 この時は畑ではなく森で語っています。 …

自然農 種まき&梅もぎ ほか 7月レポート2日目

       こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。   年間講座「自然農と手作り循環生活 実践コース」7月 2日目のレポートです。 レポート担当はぐっちゃんです   ぐっちゃん、ありがとうございま …

Go To Top