第7期 自然農と手づくり循環生活 実践コース 自然農と手づくり循環生活 自然農と手づくり循環生活 レポート

自然農 収穫、キムチ続き、机づくり 11月2日目レポート

2019/01/29

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。

年間講座「自然農と手作り循環生活 実践コース」11月の2日目レポートです。

 
担当してくれたのは、おーちゃんです。
ありがとうございます!

では、お楽しみ下さい。

 
11月4日(日) くもり
 

畑作業&竹切り

 

野菜の収穫

大根、さつまいも、小松菜、野沢菜、ピーマン、落花生、にんじん、白菜、サニーレタス、かぶ、などが収穫できました。

間引き菜もたっぷり。

「どうやって食べると美味しい~?」などの情報交換もできました。

 
 
 

にんにく&えんどうをまきました。

来年の講座生へのお土産です。無事育って見つけてもらえますように♪
 
 
途中パラパラと雨が降ってくるも、
なつきーたの作ってくれた、おいも団子が美味しくてパワーがみなぎる!!
 
 
 
 

竹の伐り出し

緑の竹は1年目の竹で、根元にタケノコの皮が残っている。

竹細工などに使うのは、3~4年目くらいの竹が良い。

伐採は、11月頃が適期。水分と糖分が少ないので、カビや虫に強いとのこと。

 
 
竹の伐り方
倒したい方向の反対側からノコギリを入れる。
反対側にもノコギリを入れておかないと、倒れるときに竹が裂けてしまうことがある。
 
 
 
 
枝を落とすには、枝の付け根(節と節の間)にノコで切れ目を少し入れ、手前に引っ張る。
すると枝がきれいに外れる。
 
 
伐った竹は、3月の箸&バターナイフづくりの材料になります。

キムチ作り(1日目の続き)

前日に塩漬けした白菜を、ヤンニョムで漬け込む作業をしました。
 
 
 
白菜の水分を軽く絞り(うまみが抜けてしまうので絞りすぎない)、ヤンニョムを塗り込んでいきます。
 
葉の厚い根元は、特に念入りに塗ります。
 
 
ヤンニョムを塗った白菜は、ビニール袋に入れ、空気が入らないように口を縛りました。
 
ヤンニョムを味見してみると、まだまだ辛味だけが強く感じられました。
つけ込んで熟成が進むと、だんだんとまろやかな味に変化するそうです。
 
仕上がりが楽しみだね~と皆でワクワクしました。
 

木工 机づくり

貼り合わせた天板の反りを防ぐために、天板の裏面に3本の桟を打ちました。
 
 
天然木は、湿度に応じて膨らんだり縮んだりを繰り返します。
 
そのため、そり止めの桟を、ビスや接着剤で固定すると、板が割れてしまいます。
 
そこで、「喰いつき桟」をつけました。
喰いつき桟にすると、天板が自由に収縮できるので、割れる心配がありません。羽釜のふたなどにも、使われている方法です。
 
 
①喰いつき桟を作る
 桟となる木材の木裏側に、ルーターで溝を作る

 
②天板裏に溝を作る
 喰いつき桟の溝の幅を測り、天板に墨をつける。(鉛筆の線一本分のズレで使い物にならなくなる!との小杉さんの言葉にドキドキしながら線を引く)

線に沿って溝を彫る。
 
 
喰いつき桟を金づちで打ち込んでいく。

③脚を作る
設計図を見ても、まだまだ完成図を思い浮かべることのできない私達でしたが、小杉さんに説明していただき、高さを変えられる仕組みに納得!
 
 
 
 
続きの作業は12月の講座で取り組む予定です。
 
            
 

感想

・想像以上に盛沢山な2日間だった。
・キムチの作り方を実際に見ることができてよかった。
・木工は興味がありつつも、自分1人で取り組むにはハードルが高かった。実際に器具に触れたり、経験させてもらえることで、自分でも何かできそう、と、可能性が広がる気がした。
 
などなど
 

募集中のイベント・講座

6/8(土)と6/10(月)に開催
みんなで田植え!
会場:風と土の自然学校の田んぼ(山梨県都留市)
新宿駅から約90分

7/27-28(土日)
アーユルヴェーダの野草料理 & 草本図鑑の引き方講座
会場:風と土の自然学校(山梨県都留市)
新宿から高速バスで約90分

その他のイベントはこちらをどうぞ!

-第7期 自然農と手づくり循環生活 実践コース, 自然農と手づくり循環生活, 自然農と手づくり循環生活 レポート

Go To Top