第5期 自然農と手づくり循環生活実践コース 自然農 自然農と手づくり循環生活 自然農と手づくり循環生活 レポート

秋の種まきほか 年間講座9月レポート その1

投稿日:2016年10月3日 更新日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。

9月のレポートは、フキちゃんとゆきちゃんが担当してくれました!
onclick=”ga(‘send’, ‘event’, ‘linkclick’, ‘click’, ‘hoge’);”
まずは1日目、フキちゃんのレポートからどうぞ!

9月10日(土)くもり

踏み台づくり

先月、途中で時間切れとなった木の踏み台作り。
午前中は、前回の続きです。

講座と講座の間にある作業日に仕上げた人たちもいました。
作り終わった人たちは、サポート部隊として未完成の人たちをサポート。

中でも、前回お休みしていたMちゃんは、一からのスタートだったにもかかわらず、サポート部隊のIちゃんがていねいに手順を説明。
そうしたらあっという間に完成しました!

みんな、自分の踏み台が完成して満足そうでした。

昼食

ナツキータの作ってくれたお味噌汁と、はのちゃんの持って来てくれた栗とスイカなどを頂きながら各自近況を報告。

自然農実習・畑仕事

・各班の畑の手入れ
・ホウレンソウと野沢菜など季節に合わせて、空いたスペースに種子を自由に蒔く

混播(こんぱ)の紹介

初秋には、草の中にいろんなタネを混ぜてバラ播く「混播」という蒔き方ができます。

今回は、少し古くなった葉もの類の種をごちゃ混ぜにして蒔きました。


① ホウレンソウ、小松菜、かぶ、大根などの種を、お椀の中で一緒にする
② 雑草が生えている草むらに、タネを播きます。手のひらに乗せた種を、指のすきまから落とす感じで、手を振りながら薄く播いていきます。

③ タネを播き終えたら、地際ギリギリからしっかり草を刈って、その場に敷く
④ 刈った草の上からトントンと叩いて、タネがきちんと着地するのを助ける。

※ この蒔き方ができるのは、秋のみ。雑草が勢い良く育っていく春先には適さない。

・各班の畑に戻り、大根と野沢菜の追い蒔き
・新しく作った畝に米ぬかと油粕を撒く
※通路を浅く掘る。その時に出た土を畝に乗せて、中心が高く、だんだんと低くなっていくような、かまぼこ形に整える。

・野沢菜の種まき

① カマの刃先を少し地面にさし込むようにして、地際から草を刈る
② 鎌で表土を約1cm削り、手で脇に寄せる
③ 草を左、土を右に寄せる(と、決めておくと作業がしやすい)
④ カマを3〜5cm程度、地面にさし込み、浅く耕すようにして雑草の根切りをする
⑤ 土を平らにならしてから、しっかり押さえる
⑥ タネを播くところに、カマの背を使ってスジ(まき溝)を作る

⑦ タネを親指と人差し指でつまみ、指をひねるようにしながら、約2cm間隔で一粒ずつ、溝の中に播く

⑧ タネを播いたら土をかぶせ、上からしっかり押さえる。

⑩上に、10cm程度の長さにカットしたイネ科の草を、地面が隠れて土が見えない程度に敷く。

※発芽した芽が伸びる時、妨げとならないようにイネ科などの細長い草を上に敷く。
※草の種がついていても気にしなくてOK。これから冬になる時期には、夏草は発芽しない。 9月は小松菜、水菜、チンゲン菜などを播くのに適した時期。

※肥料分の補いとして、米ぬかと油粕を混ぜたものを撒くとよい。

・白菜とキャベツの定植(植えかえ)

① 植え替える30分位前に、苗にたっぷり水をやる。
② 畝に草が生えている場合は、地際から草を刈って伏せておく。

③ポットの大きさに合わせて穴を掘る
② 掘った穴に、ジョウロで水を入れて、水がしみこむのを待つ

③ 苗をポットから取り出す。その際、苗の根元を指ではさんで、ひっくり返すとよい。ポットから出した後、苗の根をほぐさないこと(根を傷めないように)

④ 水が染みこんだら、苗の土とうねの地表面が同じ高さとなるように植える
⑤植えたら、苗の株元をギュッと押さえて、根を土にしっかりと密着させる(毛細管現象で、地中から水が上がってくる&乾燥予防)
⑥ 刈った草を、株元にキレイに敷く(乾燥予防)

※定植は、午前よりも午後の方が適している。日中の日差しは、移植したばかりの苗にはきつい。午後に植えれば、やがて夕方のやさしい日差しとなり、乾燥もしにくいので、苗には好都合。

夕飯

・車麩(くるまぶ)のトマトソース添え
・トルコ料理から発想を得た茄子の蒸し物 with ピリ辛のお酢のきいたつけダレ
・はのちゃんちのじゃがいも&畑で採れたバジルのジェノベーゼソース和え
・塩麹に漬けた豆腐のカプレーゼ
・ピーマンの塩麹浅漬け
・もやしのスープとはのちゃんちのお米

卒業制作 アイデア出し

・てぬぐい or Tシャツづくり
・薬草辞典
●長靴の下駄箱
・自然学校のラジオ体操
・郵便ポスト
・鳩時計
・竹細工
・染物
●学校の広報VTR
●エプロン or てぬぐい 一人一つ
●1年間のお料理虎の巻

●→制作決定

【卒業制作グループ分け リーダーとサブリーダー決め】

◇長靴の下駄箱づくり
リーダー:メグ  サブリーダー:じゅん
マッちゃん、はのちゃん、フキ、(ケイ)

◇広報VTR制作
リーダー:ケイ  サブリーダー:樹ちゃん
(ダジー、山ちゃん、グミちゃん)

◇年間お料理虎の巻
リーダー:ユキちゃん  サブリーダー:フキ
マヤちゃん、久美ちゃん

◇エプロンorてぬぐい
リーダー:マヤちゃん  サブリーダー:久美ちゃん
ユキちゃん、樹ちゃん、はのちゃん、メグ
(クミポン)

※役割に関わらず、基本全員参加型の卒業制作となります

どんな作品ができあがるのか、とても楽しみです!

 

レポートその2に続く 自然農 苗の定植&自家採種

-第5期 自然農と手づくり循環生活実践コース, 自然農, 自然農と手づくり循環生活, 自然農と手づくり循環生活 レポート

執筆者:

関連記事

野菜のタネの話<その2> 固定種がオススメな理由

今の時期は寒いので、わが家の畑はオフシーズン。 次のシーズンに向けて、土に力を蓄えてもらう時期として、 畑には米ぬかをまいて、お休みしています。 とはいえ、春はあっという間にやってきます。 野菜のタネ …

作物のタネの話し<その1> 固定種と交配種

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 2021年が始まりました。 新しい年をどんな風にお過ごしですか? 今の時期は寒いので、この時期、わが家の畑はオフシーズン。 次のシーズンに向けて、土に力を …

臼と杵で餅つき&自然農体験会 募集中!

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 いよいよ年末。寒くなってきましたね。 いかがお過ごしですか? 今年も無事にお米の収穫が終わり、 わが家では、ピカピカと輝く新米をいただいています。 新米は、や …

手づくり循環生活&調理用ストーブのお話し会【オンライン開催】

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 今日は、八ヶ岳も青空が拡がり、氣持ちいいお天氣。 お天氣がいい分、寒い〜 おひさまの温かさがありがたいです。 今日は、集落のどんど焼き。 朝から子供たちと …

no image

オリジナルを生み出すプロの流儀、素人の流儀

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 朝夕は肌寒く、僕たちの暮らす山梨はもう秋です。   先週末は、自然農をベースにした自給自足的な暮らしを学ぶ「年間講座」9月の回でした。 今年の講座の …

  • 〇〇しないとダメですか? 2021年5月3日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。4月末から、第5期自分のシゴト塾がスタートしました!続きをみ […]
  • 情報発信の量を増やすには? 2021年4月6日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。新しい年度が始まりましたね。気持ちも一新、自分のテーマで仕事 […]
  • セミナーの告知ページを作るコツ 2021年4月5日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。僕が主宰している「自分のシゴト塾」でも、セミナーの告知ページ […]
  • 自分のシゴトをカタチにしよう! 2021年3月6日
    自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。僕は家族と一緒に、大人を主な対象とした自然学校を運営しています。続きをみ […]
  • 好きを極めれば仕事になる!? 2021年3月2日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。だんだん、春が近づいてきましたね。僕の住んでいる八ヶ岳も、暖 […]
  • 起業に、強いメンタルは必要? 2021年2月4日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。立春を過ぎて、暦の上ではもう春。そして、新しい年のはじまりで […]
  • いきなり売れるようになる人には理由がある 2021年1月31日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。いかがお過ごしですか?「なんで自分はダメなんだろう…」と思っ […]
  • 今年こそ、自分のシゴトをはじめよう! 2021年1月10日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。2021年も始まりました!続きをみる
Go To Top