主催講座

大人のためのMy曲げわっぱ作りワークショップ

投稿日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。

ゴールデンウィークに、
本格的な曲げわっぱ(メンパ)作りのワークショップを行います。
今回は、大または中サイズの曲げわっぱの弁当箱を作ります。

自分で作った曲げわっぱに、お弁当を入れて楽しむ。
ご飯を入れるおひつに使う。使い方はいろいろです。

自分で作った漆仕上げの曲げわっぱ。すごくいいと思いませんか?

曲げわっぱのすべての工程を体験できる!

一般的な体験教室とは違い、

今回のワークショップは、材料を煮てやわらかくするところから、
白木のわっぱを仕上げるところまで、全行程を体験しながら学びます。

全行程を通して曲げわっぱ作りができる機会は、なかなかありません。

また、既にお持ちのお箸に合わせたサイズで、本格的な箸箱も作ります。

最後の仕上げは、講師の職人さんに預けて拭き漆で仕上げていただきます。
完成後、ご自宅にお届けします。

講師の小杉和志さん(工房自遊人)について

小杉さんは長年、木を活かした家造り、物づくりに携わってきた職人さんです。
昔気質の職人さんというと、取っつきにくい印象があるけど、
小杉さんは、遊び心があって、発想が自由で、仕事はまじめ。

建築や木工に興味のある人たちに、
いつでも自分の技を伝えたいと思っている希有な職人さんです。

この講座の大きな魅力は、自分で曲げわっぱを作れることに加え、
職人 小杉和志さんの技と姿勢に触れることのできる点です。

自然の素材を使った「My 曲げわっぱ」を一緒に作りませんか?
定員10名様で実施します。

開催概要

◇日時:2018年4月29〜30日(日月祝)

◇対象:高校生〜大人です。
※電動工具を使用するため、危険を伴います。
 そのため、お子様連れでのご参加はできません。

◇参加費:20,000円(材料費、送料込み、滞在費は別です)
 早割(4/18までのご入金) 19,000円

◇定員:10名(先着順にて受付します)

◇滞在費:参加費のほかに、滞在費がかかります。
寝袋持参のドミトリーの場合 施設使用料1500円
1日目夕食材料費800円、2日目ブランチ材料費700円

※2日目は、朝食と昼食を兼ねたブランチです。

※宿泊は各自で近くのホテルなどを手配していただくか、
または風と土の自然学校で寝袋持参のドミトリー泊
(男女別、カーテンで仕切った相部屋)となります。

 
参考:曲げわっぱ 大きさの目安

大サイズは、直径5寸(約15㎝)、深さ2寸(約6㎝)
中サイズは、直径4.5寸(約14㎝)、深さ2寸(約6㎝)

 

-主催講座

執筆者:

関連記事

自然農&ぬかくどご飯とロケットコンロ・ピザ 体験会【募集中!】

11月から3月まで、月1回のペースで自然農体験会を開催しています。
体験会では、自然農の基本を学ぶ「自然農ミニ講座」や、
もみ殻を燃料にした自作の調理コンロ「ペール缶ぬかくど」で炊く羽釜の新米ごはん、
燃焼効率のよいロケットコンロを使ったピザ作りなど、
自然の恵みを活かした暮らしを楽しく体験できます。

このほか、
年間講座「自然農と手づくり循環生活 実践コース」の活動の
様子をご紹介しながら、循環する暮らしのコンセプトや魅力についてもお伝えしていきます。

どうぞお気軽にご参加ください!お待ちしています〜

縄文に学ぶ 自給自足的な暮らしと文章講座

縄文時代というと、ずっと昔。 まだ狩猟や採集をしながら暮らしを支えていた時代。 そんなイメージがあるのではないでしょうか?   縄文時代は、前期、中期、後期に分かれます。 諸説ありますが、前 …

野菜のタネの話<その2> 固定種がオススメな理由

今の時期は寒いので、わが家の畑はオフシーズン。 次のシーズンに向けて、土に力を蓄えてもらう時期として、 畑には米ぬかをまいて、お休みしています。 とはいえ、春はあっという間にやってきます。 野菜のタネ …

アーユルヴェーダの野草料理 & 草本図鑑の引き方講座

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 アーユルヴェーダの野草料理 &図鑑の引き方講座を今年も開催します。 当初予定では5月末でしたが、 緊急事態宣言が延長されたため、 6月末に開催日を変更しま …

【自分のシゴト】集客を頑張るまえに、やるべきなのはこれ!

自然を感じて暮らせる場所に移住したい。 田舎にUターンやIターンをしたい。 子供を自然の中で育てたい。   でも、仕事がネック・・・   そんな時は、 自分の好きなことや得意なこと …

Go To Top