建築&木工 第7期 自然農と手づくり循環生活 実践コース 自然農と手づくり循環生活 自然農と手づくり循環生活 レポート

机の天板貼り合わせ 年間講座 9月のレポート1日目

投稿日:2018年9月11日 更新日:

9月の年間講座。1日目のレポートです。
おーちゃんありがとうございました!
 

10:30~ オリエンテーション&近況報告

9月1日(土) 天気 曇り
 
「近況と言っても、特にこれといった変化はないんですが、、、」
前置きして話し出すも、それぞれの面白い話が聞けました。

こまきちゃんは、前日にカナダから帰国したばかりで、
タイムリーでカナダ話が聞け、トロントの文化や難民の受け入れ態勢、
エコビレッジの話など、興味深い話が次々飛び出していました。
         

11:30~ 机づくり

 
 この日は、小杉さんにお越しいただき、作業机の天板づくりに取り掛かりました。
 約200cm × 20cmの板を用意していただき、それらを4枚合わせて1枚の天板を作りました。
 今回は、板に溝を作り、そこに「やといざね」を入れることで、板同士をつなげる方法をとりました。
 板は全部で12枚あり、3組の天板を作りました。
 

木表・木裏を合わせて、板を4枚ずつ並べる

 この時、
・木の目の模様がぐちゃぐちゃしているところは狂いやすい為、
なるべく使わないようにする
・模様の向きは揃える
・傷やひび割れ、ささくれなどがあるところも、なるべく使わないよう避ける
などに注意する。
 
 
 
天板の仕上がりの長さを「160cm」にしたいので、
余裕をもって「165cm」で線を引き、丸ノコで切り出しました。
 
 

板と板の間の隙間を 無くすため、カンナで削る

 板同士のあたりが強いところを、少しずつカンナで削り平らにしました。
 
「カンナは腕でひかず、へそでひく!」
とアドバイスをいただき、チャレンジするも、
まっすぐに均等にカンナを引くことがなかなか難しく、
余計にでこぼこになってしまうことも多々あり。
 
小杉さん&梅ちゃんにたびたび修正してもらいました。
 

 
 

雇い実(やといざね)を入れる溝を削る

 今回は、切り口から2~3寸のところに溝ができるようにしました。

溝が浅くならないよう注意しながら、機械を扱ったものの、
実際にさねをはめてみると溝が浅く、さねが奥まではまらず、
再び溝を削りました。
 
機械が板から離れて傾くと、溝が曲がったり、溝が浅くなったりしてしまうと
わかっていても、なかなか扱いが難しい・・・。
 

 

さねを溝の長さに合わせて切る

 さねと溝が同じ長さだと、さねがはまらないので、溝より短く切ります。
 短く切ったさねは、カンナで面取りをしました。
 
 

溝にボンドをぬり、溝にさねをはめる

 
 ボンドは、薄く均等に塗ることがポイント!
 あて木をした上から金づちでたたき、溝にしっかりさねをはめました。
 
 
 

板をクランプで両端から締めあげてつなぐ

 
乾いたら、160cmに切り出し、板のつなぎ目にはみ出たボンドを取り除いたり、表面にやすりをかけたりし、仕上げる。
 
 
 
 
つなぎ合わせた板にねじれがないか、確認します。
 
 
 
1枚目は160cmに切り出し、表面を整えるところまでできました。
残り2枚の天板は、板を4枚つなげた状態まで完成。
 
 
 
 
 
途中、昼食をとりました。
 
比呂さんのお弁当は今回もとても美味しく、お腹も心も満足!!
 
お弁当メニュー
・黒豆ご飯
・かぼちゃとセミドライトマトのガーリックソテー
・なすのおろし生姜醤油
・豆腐田楽風 ゴマだれ
・人参と黄色ピーマンの人参ソース和え
・自家製なめ茸
 

お風呂&夕食

 
なつきーたの愛情いっぱいごはんで幸せ~♪
 
・ごはん
・たかきびハンバーグ
・きのことじゃがいものもちあわグラタン

・なすのニラソースがけ< /div>

・蒸しキャベツと柑橘のサラダ
・とうもろこしのお味噌汁
 
 

卒業制作についての話し合い

8月の講座で出ていた案をもとに、イメージを膨らませたり、
興味のあるものを追加したりして、
現時点で、興味のあるもの、取り組んでみたいものに手をあげました。
 
・ソーラーパネル ・・・なおちゃん
・ソーラーフードドライヤー ・・・やまぴー
・ソーラークッカー 
・雨水利用タンク ・・・なおちゃん
・草木染め ・・・たかちゃん
・お茶づくり ・・・おーちゃん
・納豆づくり ・・・なおちゃん
・米麹づくり ・・・こまきちゃん
・ぬか漬け ・・・たかちゃん
・味醂づくり ・・・ぐっちゃん
・柿酢づくり ・・・ぐっちゃん
・天然酵母 ・・・こまきちゃん、おーちゃん
・保存食(瓶詰)
(料理関係は、写真付きのレシピ集にまとめる)
・植物チンキ作り(日本版自然療法) ・・・こまきちゃん
・はた織機づく り ・・・こまきちゃん
 
 
上記に書いたものは決定事項ではなく、新たに取り組みたいものを探してもOK、他の人が手を挙げているものにチャレンジするもOK。
 
 
 
ざっくりな感じのレポートになってしまい、すみません。
少しでも、活動の様子が伝わればうれしいです。
 
また10月にお会いできるのを楽しみにしています~♪
 
 
おーちゃん こと 片山央美

-建築&木工, 第7期 自然農と手づくり循環生活 実践コース, 自然農と手づくり循環生活, 自然農と手づくり循環生活 レポート

執筆者:

関連記事

素人に、建物なんて作れるの?

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 花粉が飛ぶ季節になりましたね。花粉症、大丈夫ですか? さて、昨年10月からスタートした半セルフビルド・ワークショップ。 風と土の自然学校の新しい拠点「八ヶ …

第7期生募集中! 自然農と手作り循環生活 実践コース(年間講座)

◇「自分の手で作り出す」ってどんな暮らし? 都会的な暮らしは、必要なものをすべてお金で買う消費生活。 これに対して、 自分の手を動かして循環する暮らしは、 自然の恵みを受けとり、暮らしに必要なものを …

みんなで稲刈り!(終了しました)

 こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。

いよいよ、稲刈りの季節となりました。

わが家の田んぼは、品種の都合で稲刈りは10月中旬からスタートです。

当日は、田んぼで実ったイネを鎌で刈ります。

青空の下、赤トンボが飛び交う田んぼで、秋のさわやかな風を感じながらの稲刈り。

 

一緒に気持ちよい汗をかきませんか?

みんなでザックザックと稲刈りしたいあなた!お待ちしています〜

 

お一人での参加はもちろん、親子での参加もできます。

はざかけ

 

◇開催日

2016年10月10日(祝)

 

◇時間:10時半集合〜15時半解散です。

 

 

◇集合場所:風と土の自然学校の田んぼ(山梨県都留市)

 詳しい場所は、お申込みの方にお知らせします。

 ※新宿西口より、高速バスで90分。

  高速バス 富士五湖線にて、中央道都留バス停下車5分。

  JRの場合は、中央線大月駅乗り換え、富士急行 都留市駅下車。

  駅から徒歩7分。

◇持ち物
お弁当

軍手または作業用革手袋

水筒

帽子

着替え

レインウエア(上下セパレート)

動きやすく、汚れてもよい服装&クツ

※イネの葉で肌を傷つけますので、必ず長袖、長ズボンでお越しください。

 

 

◇参加費(保険料を含みます)

大人、こども ともに300円/人

 

 

ご参加をお待ちしています!

お申込みはこちらからどうぞ!

集合写真

 

循環のデザイン&踏み台づくり 年間講座7月 2日目レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 新型コロナウィルスの感染拡大の影響で スタートが延期になっていた年間講座 「自然農と手づくり循環生活 実践コース」 6月から、新しい生活様式を念頭に置きつ …

no image

自然農 畑の手入れ&身近な野草の活かし方 第5期 6月2日目レポート

6こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。

年間講座6月の2日目レポートは、まっちゃんが書いてくれました。
ありがとうございます!

レポートの全文は、こちらからどうぞ!

ーーーーー

◇朝の散歩

6:30 朝の散歩は前日田植えをした田んぼの様子を見に行きます。

田んぼには、鏡のように景色が映り込み、とてもきれい。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇自然農の畑の手入れ

今回はまずニンニクの収穫。土中のニンニクを傷つけないようスコップで大きめの円を描いて掘り出しました。

そして、各班にわかれ、育った野菜の収穫のほか、伸びすぎた草を刈って作物の根元にしき、栄養分の補いとして油かすをまいいて、それぞれの畑で手入れをしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

翌日は、雨予報。
人参を蒔くのにちょうどよいということで、人参の種蒔きと、踊ると大きく育つ(!?)恒例の人参ダンスも。

「おおきくなぁれ!」笑顔でニンジンダンス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

みんなで山分け中〜

 

◇ブランチ

10:30 畑仕事を終えてブランチ
ナツキータのカボチャとジャガイモのカレー、高野豆腐のキーマカレー、トマトと切り干し大根とレタスのサラダ、フルーツに晩柑(ばんかん)

 

昼食後は、前日の田植え疲れを考慮して、少し長めの休憩時間・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

◇身近な薬草の活かし方

12:00 一通りレクチャーを受けた後で、畑に移動してハーブボールの材料を集める係とヘビイチゴを集める係に分かれて植物採集を行いました。

※ハーブボールとは、細かく刻んだ野草を正方形に切ったさらし布でつつんだもの。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

ハーブボールの材料になるのは、
・ハルジオン(茎の中が空洞。今回はほとんどなかった?)
・ヒメジョオン(茎の中が詰まっている)
・ヨモギ
・スギナ
・カキドオシ
など

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

畑に生える草をたくさんとりました!

その後、柿の葉とビワの葉を取ってから自然学校へ戻り、いよいよハーブボール作りです。

柿の葉は、柿の葉茶用。ビワの葉はビワの葉エキス用。

ちなみに、ビワは2〜3年目の古い葉を使います。枝先は1年目の葉。

2年目、3年目の葉は色が濃くて、硬くしっかりしているのでわかります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

柿の葉を取る

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左が柿の葉

右は、ヘビイチゴエキス用のヘビイチゴ。虫刺されのかゆみ止めによく効きます。

 

そこに、果実酒用のホワイトリカーを注ぎ、1〜2ヶ月ほどすれば使えます。

 

◇ハーブボール作り

ブルーシートを広げた上に、採集してきた山のような材料を広げます。
草をハサミで細かく刻みます。茎が固くなっているところは、茎から葉と花をばらしていきます。
かなり大量に必要、とのことでみんなで頑張りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そうしてこれらの葉と花を30cm弱四方のさらし布で、茶巾状にくるんでいきます。
これを蒸し器にいれて強火で1分半。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

これを首、肩、背中、お腹などにあててじわ~っと温めます(キモティ~!)
使い終わったハーブボールは、入浴剤としてお風呂にいれてもよいそうです。

※身体にあてたハーブボールは、身体から出たいろんなものを吸っているので、他の人が入るお風呂には入れないように、とのことでした。

慣れない筋肉を使った田植えで疲れた身体に、心地よい温熱効果でした!

Go To Top