主催講座

無垢の木でつくる! 「重箱」づくりワークショップ

投稿日:2019年3月27日 更新日:

今年のゴールデンウィークは、本格的な重箱づくりのワークショップを行います。

 

このワークショップでは、材料を採寸して切り出すところから
白木の重箱を仕上げるところまで、全工程を体験しながら学びます。

使う材料は、国産のスギです。

重箱が暮らしの中で活躍します!

重箱って、意外と活躍する場面がいろいろとあるんです。

お花見、運動会、おせち料理、家族でいくピクニックや動物園などなど。

お弁当を、プラスチックの容器から重箱に変えるだけで、何倍もおいしくなりそうな氣がしませんか?

木のいい香りもするし、木の材が調湿してくれる。

だから、湿気がこもりにくく、乾燥も防いでくれます。

普段の食事で、おかずを盛り付けても素敵ですね〜

 

ほかにも、大切なものをしまう「小物入れ」として使うことだってできます。
大きさは、用途に合わせて作ることができます。

 

暮らしの中に、自分で作った重箱があったら、すてきですね。
自分で手づくりしたものは、手にする度にちょっとうれしい氣持ちが湧いてきて、毎日の暮らしが楽しくなります。

 

重箱は、本格的なふき漆仕上げ

最後の仕上げは、拭き漆です。漆で仕上げた重箱をご自宅にお届けします。

また、白木仕上げをご希望の場合は、当日お持ち帰りいただけます。

全工程を通して、「本格的な重箱づくり」ができる機会は、なかなかありません。

 

素人でも作りやすいように、講師の小杉さんがいろいろな工夫をしてくれています。

試作品の写真をいただきました。これは、漆を塗る前の白木の状態。

こんな感じです。素敵でしょ?

 

講師の小杉和志さん(工房自遊人)のこと

講師は、大工の棟梁であり、木工職人でもある工房自遊人の小杉和志さん。

小杉さんは長年、木を活かした家造り、物づくりに携わってきた職人さんです。

 

大工としての伝統と技術の継承者であると同時に、常に新しいチャレンジをして、仕事を楽しみながらも、進化し続ける真摯な職人魂には、とても刺激を受けます。

 

いつも、本当に楽しそうに、そして真剣に仕事をしている姿に触れるたびに、心底、木と向き合う仕事が好きなんだなぁ、と感じます。

昔気質の職人さんというと、取っつきにくい印象があるけど、小杉さんは、遊び心があって、発想が自由で、仕事はまじめ。

 

建築や木工に興味のある人なら、いつでも自分の技を伝えたいと思っている希有な職人さんです。

 

工房自遊人の小杉さん

 

重箱づくりだけではなく、小杉さんと3日間一緒に過ごす。

そして、職人さんの空気に触れ、木目の読み方、道具の使い方、木とのつきあい方を、参加するみなさんと一緒に学べたらいいな、と思っています。

建築や木工に関心のある方にとって、年季の入った職人さんからいろんな教えを直接、しかも少人数で受け取ることのできる数少ない機会です。

この講座の大きな魅力は、自分で本格的な重箱をつくれるのに加え、職人 小杉和志さんの技と姿勢に触れられる点です。

 

全体の工程

まず、ご自分の用途に合わせて材料を採寸して、切り出しと加工。

それから、組み立て&接着をして、白木の重箱が完成させるところまでを、
今回のワークショップで行います。

その後、小杉親方に「拭き漆」仕上げをしていただき、ご自宅まで宅配便にてお届けします。

漆は、4回塗りなので、とてもきれいに仕上がりますよ。

 

作る重箱について

今回は、2段の重箱を作ります。

おせち料理はもちろん、小物入れなど、用途はいろいろ。

【大きさの目安】

サイズは、5寸(約15㎝)〜8.5寸(約25㎝)、深さは2寸(約6㎝)です。

用途に合わせてお作りいただけます。

【仕上げ】

仕上げは、拭き漆(ふきうるし)です。

塗り上がったイメージは、以下の写真をご覧ください。

(写真は拭き漆で仕上げた曲げわっぱ。今回つくるのは重箱です)

 

この写真のように、フタに自分で絵を入れることもできます。

自分で作った重箱に、お弁当をつめて楽しむ。

もちろん、お正月にはおせちを入れるのもいいですね。

 

ほかにも、大切な小物を整理する箱としても使えます。

使い方はいろいろです。

 

無垢の木を使った「本格的な重箱」を一緒に作りませんか?

定員10名様で実施します。

ご興味とタイミングの合う方と、ご一緒できるのを楽しみにしています!

 

開催日と会場

日程:4月27〜29日(土日祝)2泊3日

会場:風と土の自然学校(山梨県都留市)
   高速バスで、新宿バスターミナルから約90分
   電車は、中央本線 JR大月駅乗り換え、富士急行線 都留市駅から徒歩16分

 

対象

高校生〜大人です。
電動工具を使用するため、お子様連れのご参加はできません。

 

参加費

◇参加費 30,000円/人(税込)
 早割 29,000円/人(税込)

※早割は、4/15までに参加費の振込を完了すると適用されます

※ともに、材料費込、食材費・施設使用料は別です。
※カード払いの場合は、別途4%のカード決済手数料がかかります。

◇滞在費(3日間)

・食材費(計4食) 3,000円
 夕食×2、朝昼兼用ブランチ×2
 ※初日の昼食はご持参ください。

・施設使用料
 寝袋持参のドミトリー泊の方 3,000円
 ※ご自分で近隣の宿泊を手配していただく場合は不要です。

・寝袋貸出セット(寝袋、シーツ、マット: 希望者のみ)1,000円

【その他】
電動工具を使用するため、危険を伴います。
お子様連れではご参加いただけませんので、ご了承ください。

-主催講座

執筆者:

関連記事

「風と土の収穫祭」の様子 年間講座12月 1日目

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 12月の年間講座1日目は、1年に1度のお祭り「風と土の収穫祭」 今年は、第5回の収穫祭でした。 収穫したお米と小麦をみんなでおいしくいただき、有志のみなさ …

自然の中で育った季節の野菜を、無料で手に入れる秘密とは!?

自然の野菜を無料で手に入れるには!? こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 もし、あなたの近所の八百屋さんで、 「どれでも全部、ご自由にお取りください!」って、 いうキャンペーンをしていたら、 …

自然農&もちつき体験会 活動レポート

今日は、自然農&もちつき体験会。 あたたかい日差しの中、 大人と子供あわせて約20人でワイワイガヤガヤ楽しくもちつきをしました。   大人も子供も、みんなでもちつき 臼でついたお餅は、コシがあっておい …

風と土の収穫祭2017 報告

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 12/2に開催した風と土の収穫祭2017。 私たちが普段お世話になっている方たち、セミナーや講座の参加者の皆さん、メルマガ会員さんなど、つながりのある方たちに …

文章が「書ける人」と「書けない人」の差って何?

「かわいいー」 パートナーの声が庭から聞こえてきます。 彼女は、無類のネコ好き。 日だまりの落ち葉の山にうもれて、 野良猫が気持ちよさげに寝ていたそうです。 こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です …

風と土の自然学校

Go To Top