主催講座

初めてでも大丈夫!本格的な「重箱」をつくるワークショップ

投稿日:

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。

僕が住む山梨県都留(つる)市では、ちょうど桜が満開です。
今年はちょっと早いみたい。

新しい年度が始まり、畑や田んぼも本格化してくる季節です。
わが家も、田んぼの苗代づくりがそろそろスタートします。

そして、ゴールデンウィークもやってきます。

今年は改元もあって、10連休。

あなたはどんなゴールデンウィークを予定していますか?
ゴールデンウィークのうち、3日間を使って、本格的な重箱を自分で作る、というのはいかがでしょう。

 

無垢の木でつくる!
「重箱」づくりワークショップ

今年の木工ワークショップでは、本格的な重箱を作ります。

材料は、国産のスギ材。

「木工なんてやったことないんですけど・・・」

そんな不安を感じている方でも、大丈夫です。

初めての人でも作りやすいように、
木工職人であり、本職の大工でもある講師の小杉親方が、
いろいろと工夫してくれています。

 

作る重箱は、こんな感じです。

これは、まだウルシで仕上げる前の白木の重箱です。
ご希望によっては、拭きウルシ仕上げのほか、
白木の仕上げもできます。

 

重箱は、暮らしの中でとっても役立ちます!

重箱は、暮らしの中で活躍する場面がいろいろとあるんです。

お花見、運動会、おせち料理、家族でいくピクニックや動物園などなど。

 

お弁当を、プラスチックの容器から重箱に変えるだけで、
何倍もおいしくなりそうな氣がしませんか?

木のいい香りもするし、
木の材が調湿してくれる。

だから、湿気がこもりにくく、乾燥も防いでくれます。

自分で作ったお料理が、見栄えもよく、さらにおいしく楽しめます。

お客さまが来た時、おかずを盛り付けて食卓に出しても素敵ですね。

 

ほかにも、大切なものをしまう
「小物入れ」として使うことだってできます。

 

普段の暮らしの中に、自分で作った重箱があったら、
ちょっと誇らしくて、うれしい氣持ちになります。

 

重箱、どうせ手に入れるなら、
本格的なものを自分でつくりませんか?

材料を測って、必要なサイズに切り出していただきますので、
大きさは、用途に合わせて選べます。

この機会をお見逃しなく!

自分の手で重箱をつくる機会なんて、なかなかありません。
もし、ご興味があれば、ぜひこの機会をつかまえてくださいね。

ご興味とタイミングの合う方と、ご一緒するのを楽しみにしています!

 

日程は、2019年4月27〜29日(土日祝)

会場は、風と土の自然学校(山梨県都留市)です。

講座の詳細は、こちらをご覧ください。

 

-主催講座

執筆者:

関連記事

自然や暮らしをテーマにした起業のポイント

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 私たちの自然学校は、循環する暮らしを手づくりする 自給自足的な暮らしをテーマにしています。     仕事の自給率もアップしよう!   自給率をアップすると …

みんなで稲刈り 報告です

先日のイベント「みんなで稲刈り!」は、お天気にも恵まれて、気持ちのよい秋空の下で 約30名の方と一緒にザックザックと稲刈りしました。   いつものように、1人で参加してくれる人たちもいますが …

豊かな暮らしは、買うもの? それとも、自分で作るもの?

「これで一年、食べるのに困らないなぁ」 お米の収穫が終わる、いまの季節には、 このセリフが頭に浮かびます。 今年の収量は、集計したらぴったり500kg! やっぱり、目の前にこれだけお米があると安心です …

自給自足の農的暮らしへ、はじめの一歩

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 田舎で暮らしたい。 自給自足にあこがれる。 そんな風に思っていませんか?   「でも、自分にできるかな?」 「何から始めたらいいの?」 興味はあ …

自然とつながる暮らしのヒント「自然農 & 稲刈り・脱穀」体験会 

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。   循環する手づくりの暮らしを自分で作る、知識と技術をお伝えしています。     場所は、富士山の近く山梨県 都留(つる)市。 新宿駅から約90分と首都圏 …

Go To Top