「手づくり循環生活」実践の知恵 第8期 自然農と手作り循環生活 実践コース 自然農 自然農と手づくり循環生活

自然農 ハクサイの苗床の作り方

投稿日:2019年9月10日 更新日:

レタスやキャベツ、ハクサイ、ネギなどの野菜は、苗床をつくり、苗を育てて定植します。

苗床づくりの方法は、基本的にどれも同じです。

ここでは、ハクサイの苗床づくりをご紹介します。

ハクサイの苗床づくり

ハクサイは、苗床を作って、苗を育てます。

富士山に近い、山梨県都留市にあるわが家では、8月上旬から中旬に苗床づくりと種まきをします。

ご近所さんは、大体お盆の頃に種まきをします。

わが家は無肥料無農薬の自然農なので、少し生育に時間がかかります。

今年は、8月頭と中旬の2回にわけて苗床づくりをしました。

 

1)草を刈る

草は、地際で刈ります。

ノコギリ鎌を地面に少し潜らせるようにして刈ると、きれいに刈れます。

刈った草は脇によけておきます。

 

2)表土を1cmの厚さでけずる

耕していないので、雑草のタネは地表面にあります。

そこで、地表から1cm程の厚さで土を削り、脇によけます。

クワがなければ、ノコギリ鎌の先端を1cmほど差し込んで地表を削り、手で土を脇に寄せればOK。

3)根切り

クワを3〜5cm程度の深さで差し込み、根切りをします。

この時、土を掘り返さず、クワを差し込んでそのまま抜くイメージで。

ノコギリ鎌で3〜5センチ程度の深さに差し込み、根切りをしてもOK。

 

4)平らにならして押さえる

根切りをしたら、表面が平らになるように整えて、しっかりと押さえます。

自然農用のクワは、刃の部分が平らなので鎮圧に便利。

手で押さえてもOKです。

5)タネまき

ハクサイのタネを播きます。

まき方は、ばらまき。タネの間隔が大体1〜2cmとなるように播きます。

コツは、何度か苗床を往復する感じで、少しずつ播いていくこと。

タネの間隔をみながら、足りないところに足していくことで、均一に播くことができます。

 

6)土をかける 

タネを播いたら、鎌の背でみじん切りをするように叩きます。

すると、溝にタネが入るので、それを平らに手またはクワで押さえれば種まき完了!

 

7)草をかける

イネ科などの細長い草を、10cmほどの長さに刻み、うすく上に敷きます。

量は、地面が見えるか見えないか程度を目安に。

敷いた草は、できるだけ地面にぴったりつくようにします。

そうすると、発芽した芽が早く草の上に顔を出すことができ、ひょろ長く徒長するのを防げます。

 

乾燥に弱いネギなどは、発芽するまでの間、うすく敷いた草の上から、さらに厚く草をかぶせることもあります。

厚くかぶせる草は、刻まずに長いまま使います。イネ科でなくてもOKです。

発芽後に取り除くので、長いままの方が取り除きやすくなります。

 

発芽後、厚くかぶせた草を取り除くタイミング

発芽したら、保湿用に厚くかけた草を取り除きます。

取り除くタイミングが遅れると、草の下でひょろ長いモヤシのようになってしまうので、注意が必要です。

数日経ったら、発芽していないか確認しましょう。

 

なお、草の下で日が当たらず、芽が白っぽい緑色〜黄緑色の場合、いきなり直射日光にあてると枯れてしまうことがあります。

その場合は、厚くかぶせた草を少し残し柔らかい光があたるようにして、1〜2日ならします。

葉っぱの色が濃くなったら、保湿用にかけた草だけを取り除きます。

10cmほどの長さに刻んだ草は、そのままおいておきます。

 

本葉が2〜3枚出てきたら、育苗用のポットに移植して、苗を育てます。

 

年間講座「自然のと手作り循環生活 実践コース」
第8期(2019年度)8月 1日目のレポートより。

ーーー
メルマガ「風と土の便り」自然とつながる暮らしを始めよう! 
ほぼ週刊で、風と土の自然学校の情報をお届けします。
ーーー

-「手づくり循環生活」実践の知恵, 第8期 自然農と手作り循環生活 実践コース, 自然農, 自然農と手づくり循環生活

執筆者:

関連記事

暮らしの中の循環&自然農 苗の定植など 5月 1日目レポート

   こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 4月からスタートした第8期の年間講座「自然農と手作り循環生活 実践コース」 5月の1日目のレポートです。 けいちゃんが担当してくれました。   …

自然農に学ぶコロナとのつきあい方

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 新型コロナウィルスの感染拡大が止まらず、 東京など7都府県を対象に、 「緊急事態宣言」が出されましたね。   自然農とコロナウィルス え、そんな …

【応募受付中】新春企画!風と土のお年玉プレゼント 1/15まで

あけましておめでとうございます。
風と土の自然学校 梅崎靖志です。

今年も、どうぞよろしくお願いします。

パーマカルチャーと自然農をベースに、手づくりで循環する暮らしの楽しさを、今年もたくさん発信していきます!

さて、昨年に引き続き、今年もお年玉プレゼント企画をしています。

メルマガ読者さん向けの企画ですが、お年玉プレゼントと一緒にメルマガ登録できますので、どうぞお気軽にご応募ください。

感謝の気持ちをこめて、メルマガ読者さん限定の新春企画として、
風と土の自然学校から、お年玉をプレゼントさせていただきます。
抽選で、素敵なお年玉が当たります!

A賞 風と土の自然学校の 無農薬&無肥料で育てた「はざかけ米」 1kg
 2名様にプレゼント

稲刈り 集合写真

B賞 風と土の自然学校で作った自家製 手前味噌 750g
 2名様にプレゼント

C賞 ぬかくどご飯とロケットコンロ・ピザ&自然農体験会 ご招待
 3名様にプレゼント
 (通常参加費 2,000円/人、風と土の自然学校にて開催 山梨県都留市)

※2月26日(日)または3月11日(土)のいずれかをお選びいただけます。

ピザ

D賞 田中優さん 講演会DVD「原発に頼らない未来のためにできること」
 5名様にプレゼント! (無料上映権付、定価1,200円 税別)

※収録は2011年9月ですが、いまだに新鮮さを保った内容です。
 原発事故のことに加え、一人ひとりができることにフォーカスをあてながら、
 これからの社会をどのように作って行けばよいか、今後の方向性を示すお話です。

※郵送でのお届けです。

E賞 うめちゃんとおしゃべり ① or ②  計3名様にプレゼント

① 2017年を最高の1年にする作戦会議
「2017年をさらに素晴らしい年にしたい!」
そんな風に考えているあなたのための作戦会議です。

プロコーチとしての顔を持つ梅崎が、
この1年を最高の年にするための目標をクリアに描き、

人生に変化を起こす行動スイッチを見つけるのをお手伝いします。

② うめちゃんとフリートーク&質問コーナー

うめちゃんこと、代表の梅崎と気楽な雑談、
いろいろ聞いてみたいこと、聞いて欲しいことなど、
おしゃべりしたい方は、こちらをどうぞ!

※時間はともに45分です。当日、①か②のいずれかをお選びください。
※Skypeまたは電話でのご提供となります。
※1〜2月中のセッション可能日から、お選びいただけます。

F賞 風と土の自然学校 主催事業 参加費割引券(1,000円引き/人)
 5名様にプレゼント!

◇2017年に開催予定の主催事業
・「めざせ!植物の達人 野草編」野草図鑑の引き方&あっと驚く野草料理法
  4月29〜30日(土日):予定

・「めざせ!植物の達人 木本編」樹木図鑑の引き方&伝わる解説のポイント
  7月1〜2日(土日):予定

・「陰陽五行の料理教室(仮)」:1泊2日で5月開催予定

・「曲げわっぱ(めんぱ)作りワークショップ」:2回シリーズ(5〜6月に開催予定)

・「自然農と手づくり循環生活 実践コース」:4月〜翌3月

・「セルフケア連続講座」:12〜3月 計4回で開催予定

・「八ヶ岳サイト 建築連続ワークショップ」:6月頃〜開催予定

・「自分のシゴト研究所」主催の講座

  など

※1枚で2名様まで、または1名様2回まで、参加費を1,000円/人
 割引きます(連続講座を含みます)。

※有効期限:2017年12月末日
※PDFファイルでのお届けとなります。
※現金への交換はできません。おつりは出ません。

Wチャンス! 無肥料&無農薬 古代米 3名様にプレゼント!

A〜F賞に応募したものの、当選を逃してしまった方に再抽選のチャンスです。
発送の都合上、住所をご記入いただいた方を対象にさせていただきます。

風と土の自然学校の田んぼで育てた無農薬&無肥料の古代米(黒米 約120g)をプレゼントします!

お米1合に対して10〜15g程度(お米:黒米=10:1)を混ぜて炊くと紫色の美味しいご飯ができます。

黒米ご飯

◇お年玉プレゼントについて、詳しくはこちらをご覧ください!

自然農実習&コンパニオンプランツ 年間講座7月 1日目レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 新型コロナウィルスの感染拡大の影響で スタートが延期になっていた年間講座 「自然農と手づくり循環生活 実践コース」 6月から、新しい生活様式を念頭に置きつ …

日本のエネルギー・水・食べ物の流れ&自然農実習ほか 6期8月1日目レポート

8月の年間コース「自然農と手づくり循環生活実践コース」8月のレポートです。 1日目がなっく、2日目がありーが担当してくれました。 では、お楽しみ下さい! ーーー 暑くて蒸し蒸しする8月。 冬生まれの私 …

Go To Top