「手づくり循環生活」実践の知恵

生き物がやってくる!パーマカルチャーの食べられる庭づくり

投稿日:2020年7月6日 更新日:

ウォーン・・・

昨日、外で作業をしていたら、
無数のミツバチの羽鳴りが聞こえてきたので
ふと目を上げると、

巣分かれをした蜂の群れが、
新たな安住の地を求めて移動中でした。

 

いまは、ハチの巣分かれが起こりやすい時期。

巣の中でハチの数が増えて、
新女王の羽化が近づくと、

古い女王が働き蜂を連れて巣を飛び出します。

これが、蜂飼いたちが恐れる分蜂(ぶんぽう)。

なぜ恐れるのかといえば、
せっかく貯めたハチミツをお腹いっぱいに
吸って、約半数のハチたちが出て行ってしまうから。

八ヶ岳に拠点を移して、趣味の養蜂を
再開したいと思っているので、

「あー、うちの巣箱に入ってくれないかなぁ」

と思う間もなく、

あっという間に、飛び去ってしまったのでした。

ハチが通ったあたりに、巣箱を置いておけば、
そのうち入るかな(笑)

ミツバチは、農的な暮らしにはとても
相性のいい生き物なんです。

野菜の実付きがよくなるし、
採れたハチミツは、
自家用のほかお使い物としても重宝します。

そしてなによりも、面白い!

何が面白いかを書き始めると
止まらないので、それはまた別の機会に。

生き物が豊かな、食べられる庭づくりも、
少しずつ進行中です。

 

循環する農的暮らしを支える
パーマカルチャーの庭づくり

7月の連休(23〜25日)には、
循環する農的暮らしを楽しむ
パーマカルチャーの庭づくりワークショップを
行います。

今回は、石積みの流し&足洗い場づくりをします。
昨年行った水場づくりの第2弾。

敷地の中から出てきた石を使って、
流しや足洗い場を完成させます。

2泊3日での開催ですが、
1泊2日や、通いでもご参加いただけます。

ご興味とタイミングの合う方と
ご一緒できるのを楽しみにしています!

詳しくは、こちらをご覧下さい。

-「手づくり循環生活」実践の知恵

執筆者:

関連記事

「はたらく おてて」を育てよう!子育てを豊かにする仲間のつながり

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 八ヶ岳のわが家のまわりでも、 山がもえぎ色に染まりはじめました。 山が輝く季節。ワクワクします。   自宅で保育する、という選択 僕たち家族がい …

自然とつながる暮らしは、やっぱり豊か!というのは、、、

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 先週末は、 年間講座「自然農と手づくり循環生活 実践コース」 11月の会でした。 畑では、大根、サツマイモなどの根菜類や 葉物など、たくさん収穫! また、 …

こんな時だからこそ、手づくり循環生活を!

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 今年は、いつになく静かな ゴールデンウィークになりそうです。 いかがお過ごしですか? コロナの影響で、自宅で過ごす時間が増えているのでは ないでしょうか? …

手づくり循環生活&調理用ストーブのお話し会【オンライン開催】

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 今日は、八ヶ岳も青空が拡がり、氣持ちいいお天氣。 お天氣がいい分、寒い〜 おひさまの温かさがありがたいです。 今日は、集落のどんど焼き。 朝から子供たちと …

野菜のタネの話<その3>自給菜園なら固定種がオススメ

一般的に売られている野菜の種には、 違う品種を掛け合わせた交配種と、 タネ屋さんの自慢の種「固定種」があります。 家庭菜園なら断然、固定種がオススメな 訳ですが、一つ目の理由は、 「固定種なら、少しず …

Go To Top