自然農と手づくり循環生活 レポート

野菜苗の定植&暮らしに活かす趣味養蜂 5月2日目のレポート

投稿日:

5月2日目のレポートです。
マナティが担当してくれました。
ありがとうございます!
以下、2日目のレポートです。

どうぞお楽しみください!

 

朝のウォーミングアップ

一人でできる操体法「般若“身”経」。身体のバランスを整えるために、
前後左右、上下右回り、左回りに身体を動かす。

身体を動かしやすい方向と動かしにくい方向があり、呼吸と合わせて動かしやすい方向に動かすことで、動きにくい方向が改善するという身体のしくみを利用して、身体を整えるのが操体法の特徴です。
動きにくい方に頑張らなくていいので、痛みもなく改善できるのがいいところ。

 

畑作業

1.苗の定植

ナス、ピーマン、キュウリ、トマト(3種類)、シシトウ、キャベツ、ツルムラサキの苗が各班に配られました。
希望する班にはオクラとパクチーの苗
も配布。

苗の定植の手順は、次の通り。

1)苗にあらかじめたっぷり水をあげる

土が湿っていると、取り出したり、定植したりするときに、根が傷みにくくなります。

2)植える場所とそのまわりの草を刈る

草との競争を緩和します。
ただし、広範囲で刈り過ぎないように草も適度に残します。

 

3)ポットの大きさの穴を掘る

ちょうど、ポットが入る大きさにします。
植えたときに、地面と同じ高さとなるように。

4)穴に水を入れる

もし、入れた途端に水が引いてしまうようなら、ネズミの穴があるので、
穴をふさいでからもう一度水を入れます。


5)水が引いたら、苗を植える

ポットから苗を取り出したとき、根をほぐさずに、そのまま穴に入れます。

6)土をかけて手で押さえる

手で押さえることで、根と土がしっかり密着します。
また乾燥を防ぐことができます。


トマトを定植するときのワンポイント

トマトは苗を斜めにして定植すると、茎の部分から側根が出ます。
根が増えることで水や養分を集める力が高まり、トマトがよく育ちます。

キュウリのために、支柱も立てました。

種まき

それぞれ、持参したまきたいタネをまきました。

種を蒔く時の草刈りは、蒔く所だけを最小限にすればよい。

朝のおやつは、小麦の皮でくるまれたモチモチした食感のサツマイモ。
サツマイモと一緒にあんこが入っていたら、「いきなり団子」みたい。

ブランチ

カレーライスとサラダ。
デザートには、はんちゃんが作ったリンゴ寒天ゼリー。

はんちゃん手作りリンゴゼリーの作り方
リンゴジュース1Lに粉寒天4g
(すみません、勝手にはんちゃんのレシピを載せました)

手軽で美味しくできそうなので、家でも作ります!

暮らしに役立つ趣味養蜂

ミツバチの巣箱内を観察

巣箱の中には、ミツバチの巣が入っています。
巣板という板状になっているので、簡単に取り出せます。

巣板の片面には、ミツバチが約1000匹。
だから、1枚の巣板に、両面あわせて2000匹。

巣箱には巣板が9枚入っているので、1群で18,000匹!
ハチが増えると、巣箱が2段に積み重ねられて1群で3〜4万匹になるそうです。

箱のふたを開けるときには、煙を吹きかけます。
すると、ミツバチたちがおとなしくなります。

巣箱の中には、
女王バチが1匹、働きバチ(メス)、そしてオスバチがいます。

巣箱の中心部は、ハチたちが発熱するので暖かく、
幼虫を育てる部屋になっています。
周辺は、ハチミツを貯める部屋として使われていて、
光に当てるとハチミツがキラキラと輝いて見えます。

「ミツバチは、そっとさわるだけなら刺しません」
という村上さんの言葉をきっかけに、

なんと、みんなでミツバチの背中を素手で触りました!

ミツバチたちは温かく、体温が感じられます。。
この体温で、卵や幼虫をあたため、成長を守っているんですね。

中心付近にいるのが女王バチ

おしりを巣房に入れて、卵を産んでいるところも観察できました。

ハチミツ搾り(遠心分離機)

ハチミツが熟成すると、ミツバチたちは蜜蓋(みつぶた)というフタをします。
熟成したハチミツは腐らないので、何年でも持つそうです。

ハチミツの入った巣板からハチミツを搾るのに、遠心分離器を使います。
遠心分離器にかける前に、包丁で蜜蓋を切りとり、遠心分離器に入れます。

まず、蜜蓋を包丁で切り取ります。

切りとった蜜蓋をみんなで味見。
とっても香りが良くて、おいしいハチミツでした。

そして、遠心分離器がまわると、ふわ〜っとハチミツのいい香りがあたりに広がります。

搾ったハチミツは黄金色

 

糖度計で測ったら、79度でした。

糖度が78度以上あれば、出荷できるそうです。

ハチミツの中に混入している蜜ロウなどを、細かい網でこし取りきれいにします。

ミツバチのお話し

沢山ありすぎて、何を書こうか迷います…
村上さんが最後に、専業養蜂家ではなく、日本中でミツバチを飼う人が沢山いるそうです。

村上さんも、それぞれがミツバチを飼ってハチミツを自給できると良いな、とおっしゃっているので、
道具類は必要ですが、ミツバチを飼うのはそれほど敷居が高くないようです。

そして、ミツバチは農作物である野菜や果物の受粉に不可欠な存在だというとでした。

 ふりかえりとまとめ

おやつのヨモギ団子には、
きな粉ではなく、フェアトレードのマヤナッツの粉がトッピング。

一人一言ずつ、2日間の学びと感想をシェアして終了。

ご飯もおやつも、毎回とても美味しかったです!

担当:マナティ

5月1日目のレポート 手づくり循環生活とは?&軽トラキャンパー計画準備は、こちら

-自然農と手づくり循環生活 レポート

執筆者:

関連記事

段ボールコンポスト&自然農の種まき 8月1日目レポート

年間講座「自然農と手づくり循環生活 実践コース」8月 1日目のレポートです。 担当は、みわちゃん。レポートありがとうございます! では、お楽しみください。   段ボールコンポストづくり …

no image

4月 オリエンテーション&自然農をはじめよう!(1日目)

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 第5期(2016年度)の講座が、スタートしました! 初対面だけど、自然農や自給自足的なサステナブルな暮らしに関心を持つ、 同じベクトルの仲間たちが集まりました …

自然農実習&コンパニオンプランツ 年間講座7月 1日目レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 新型コロナウィルスの感染拡大の影響で スタートが延期になっていた年間講座 「自然農と手づくり循環生活 実践コース」 6月から、新しい生活様式を念頭に置きつ …

身近な薬草の活かし方&自然農【手づくり循環生活 6月レポート②】

年間講座「自然農と手づくり循環生活実践コース」6月のレポート②です。
自然農の畑の手入れの他、身近な薬草の活かし方について実習交えて楽しく学びました!

日本のシステムデザイン&段ボールコンポストの作り方【循環生活 7月レポート①】

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 7月のレポートその①です。担当は、いつきちゃん。ありがとう! では、どうぞお楽しみください。 ーーー 7月9日(土)、雨の中集まったのは、めぐ・マヤ・いつき。 …

  • 〇〇しないとダメですか? 2021年5月3日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。4月末から、第5期自分のシゴト塾がスタートしました!続きをみ […]
  • 情報発信の量を増やすには? 2021年4月6日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。新しい年度が始まりましたね。気持ちも一新、自分のテーマで仕事 […]
  • セミナーの告知ページを作るコツ 2021年4月5日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。僕が主宰している「自分のシゴト塾」でも、セミナーの告知ページ […]
  • 自分のシゴトをカタチにしよう! 2021年3月6日
    自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。僕は家族と一緒に、大人を主な対象とした自然学校を運営しています。続きをみ […]
  • 好きを極めれば仕事になる!? 2021年3月2日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。だんだん、春が近づいてきましたね。僕の住んでいる八ヶ岳も、暖 […]
  • 起業に、強いメンタルは必要? 2021年2月4日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。立春を過ぎて、暦の上ではもう春。そして、新しい年のはじまりで […]
  • いきなり売れるようになる人には理由がある 2021年1月31日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。いかがお過ごしですか?「なんで自分はダメなんだろう…」と思っ […]
  • 今年こそ、自分のシゴトをはじめよう! 2021年1月10日
    こんにちは、自分のシゴト構築コーチ 梅崎靖志です。2021年も始まりました!続きをみる
Go To Top