「手づくり循環生活」実践の知恵 主催講座 自然学校 自然農と手づくり循環生活

おうちでパーマカルチャー塾 オンライン連続講座が4月にスタート!

投稿日:2021年2月26日 更新日:

こんにちは、風と土の自然学校の梅崎靖志です。

私たちの自然学校は、
自分の手で循環する暮らしに役立つ知識と技術を
お伝えする大人のための学びの場です。

 

先日、あるところでご一緒した方が
こんな風にお話ししてくれました。

ーー

自給自足にはあこがれるけど、
テレビでイヌイットや
アマゾンの先住民の暮らしを見て

「あー、私には無理!」って
思うんです。

 

ーー

あ、それ、
「明日から、毎日ずっとやるよ」って
いわれたら、僕も無理です(笑)

暮らしは日々のことだから、
できるところから始めて、
少しずつ守備範囲を増やしていくのが
いい方法です。

「こんな暮らし、自分には無理〜」
と思ってまったくやらなければ、ゼロです。

それよりも、
100のうち、5でも10でもいいから、
自分にできることを、楽しみながら
はじめてみる。

すると少しずつできることが増えていきます。

こんなお話をしたら、
「それなら、私もできそうです〜」

と笑顔でおっしゃっていました。

「私、思考が両極端でしたね(笑)」とも。

もちろん、気候も文化も違うので、
日本でやるなら
アマゾンの先住民やイヌイットの人たちとの
暮らしと同じにはなりません。

とはいえ、
完全な自給自足は、かなりハードルが高いです。
やることがたくさんあって、暮らしに関わる
様々な知識や技術も必要です。

そして、いっぺんにガラッと暮らしを
変えるのは、変化が大きい分、
リバウンドも大きいもの。

ダイエットと同じです(笑)

だから、ふだんの暮らしの中で少しずつ
できることを増やしていく。

この方がうまくいきます。

実際、無理せず、楽しみながらやるから、
続けられるし、小さな積み重ねが
大きな変化へとつながります。

 

<オンライン視聴コース>
うめちゃんの暮らしに学ぶパーマカルチャー入門

パーマカルチャーって、聞いたことありますか?

ごく簡単に言えば、
自然と調和した生き方・暮らし方を
デザインする知恵と技術の集大成が
パーマカルチャーです。

自然とつながり、人とつながる中で、
自分も人も、そして地球上の
すべてのものもご機嫌で、
子供たち、孫たちの代までずっと
幸せに暮らすためのヒントが詰まっています。

この入門講座では、
パーマカルチャーの基本的な考え方や、
わが家でやっている取り組みについて
お話しするほか、

すぐに実践できるアイデアもご紹介します。

ご都合が合わないときは、
録画視聴のコースもあります。

当日、オンラインにてお目にかかるのを
たのしみにしています!

詳しくは、以下のリンクをご覧ください。

【オンライン講座】
梅ちゃんの暮らしから学ぶ 『パーマカルチャー』入門

 

オンラインで学ぶ手づくり循環生活!
「おうちでパーマカルチャー塾」

自宅で実践しながらしっかり学びたい
人にオススメなのが、

オンライン連続講座
「おうちでパーマカルチャー塾」です。

 

この講座は、
自分の手で循環する暮らしを作る
パーマカルチャーの考え方をベースに、

4〜9月と10〜3月の6ヶ月単位で、
循環する暮らしの基本が学べるコースです。

2021年4月にスタートします。

ただ一方通行で学ぶのではなく、
仲間と実践報告や情報交換をしながら、
刺激しあい、一緒に学んでいきます。

それぞれ自宅でタネをまき、
その様子をオンラインで見せ合ったり、

実践した報告をして情報交換したり、

単にコンテンツを学ぶのではなく、
交流しながら進むから楽しいし、

実際にやってみてわからないことがあれば
いつでも質問できます。

講座は録画しますから、
復習はもちろん、

ご都合が合わない場合でも
後日、自分のペースで学べます。

普段の暮らしの中で実践することで、
少しずつ、でも、着実に
理想の暮らしに向かって進むことができますよ。

 

どんなことをするの?

 

オンラインで開催する
「おうちでパーマカルチャー塾」では、

自然農による野菜栽培やタネ採りなどの
基本はもちろん、

発酵の知恵を、
普段の暮らしに活かすコツ

身近な材料でできる調理用ストーブなど
暮らしに役立つアイテムの
つくり方や道具の選び方

火のある暮らしに欠かせない
薪とマッチを使った火おこしのコツ、
ナタやナイフの安全な道具の使い方

などなど、

暮らしに関わる様々なことを
前期・後期とあわせて1年間かけて
トータルで扱います。

自分の手で暮らしをつくることは、
とても楽しい営みです。

一見難しそうでも、実際にやってみると、
カンタンにできることがいろいろあります。

「こんな暮らしをしたいな」
「これなら、自分にもできそうだな」

とイメージがふくらんでいくはずです。

できるところから少しずつ
楽しみながら取り組むと、
2年後、3年後にふりかえったとき、

ずいぶん暮らしが変わったなあ、
と思うはずです。

そして、10年後には、
いま想像している以上のことが
実現している可能性は大いにあります。

僕自身、そうなっているので(笑)

ご興味があれば、ぜひいっしょに学びませんか?

詳しくは、こちらをどうぞ!

※前期のみ、後期のみの半年単位で
 ご参加いただけます。

-「手づくり循環生活」実践の知恵, 主催講座, 自然学校, 自然農と手づくり循環生活

執筆者:

関連記事

【平日開催】おいしく楽しい!クッキングストーブ作りワークショップ

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。  身近な材料で手軽に作れて、しかもべんりな調理用のクッキングストーブ。  市販されているものに負けず劣らずの使い勝手のよいものが作れます。 だけど、 ・作り方 …

ネイチャーライティング連続講座<実践編> 第1回レポート

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 今月から、ネイチャーライティング連続講座<実践編>がスタートしました。 ネイチャーライティングとは、自然をテーマにしたエッセイ。 この講座は、自然をテーマ …

no image

稲刈りのはずが、中華まん作りの会に変更〜

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎です。 今日と明日は、年間講座の作業日で稲刈りの日でした。 平日にもかかわらず、今春卒業した2期生のみなさんが休みを取って集まってくれました。 ところが、あいにくの雨 …

田植え三昧の週末!

こんにちは、風と土の自然学校 梅崎靖志です。 先週末の日曜日は、夏至。 そして、夕方には日食がありました。 夏至と日食が重なったのは、 372年ぶりだったとか! 八ヶ岳では、曇っていて日食を見ることが …

豊かな暮らしは、買うもの? それとも、自分で作るもの?

「これで一年、食べるのに困らないなぁ」 お米の収穫が終わる、いまの季節には、 このセリフが頭に浮かびます。 今年の収量は、集計したらぴったり500kg! やっぱり、目の前にこれだけお米があると安心です …

Go To Top